パタヤを中心に飛行機と東南アジアの旅行記を紹介するブログです

エクストラレッグルームシートで快適!マレーシア航空MH53

2021/05/23
 
マレーシア航空エアバスA350-900
この記事を書いている人 - WRITER -
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

連日コロナウイルスの話題で溢れ、アメリカやシンガポールではとうとう中国便が全便停止となるなど、国内でもどこまで広がるか気にならないわけもなく、、このタイミングでタイのパタヤへ。

今回はLCC並みに安く売りに出されているマレーシア航空でクアラルンプールを経由してタイに向かう。

 

ラピートで関西空港へ

 

毎回最寄りの駅から天王寺までスーツケースを転がしてJRの「はるか」で向かうのが多いが、今回は南海の「ラピート」で関西空港へ。

ちなみに、JR「はるか」の往復割引切符は指定席も利用できてとてもお得だ^^

天王寺から関西空港まではエアポートリムジンなるバスも出ているが、電車に比べると価格が高いのがネック。

関空快速は通勤客や学生さんが多くて天王寺からスーツケースを持って乗るにはツライ状態。

※天王寺始発の快速だと余裕をもって乗車すればアリです。

平日早朝の新今宮駅 7時2分発のラピートαに乗車する。

新今宮駅南海電車掲示板

 

中国人観光客が少ないこともあり乗客は少ない印象。

窓が大きくてラピートの方がデザインは好きだ。

ラピート車内

 

椅子のデザインがヒョウ柄で大阪のおばちゃんっぽいな、、
多古山先輩
多古山先輩
ブリジロック
ブリジロック
かなりオシャレだよ!

 

特急ラピート

 

先進的なデザインがたまらない、、鉄仮面のフォルムがそそられる。

 

関西空港で出国

 

コロナウイルスの影響で全体的に空港利用者が少ないのかなと思ってたら、案の定パスポートコントロールはガラガラ。

免税店もスカスカでいつもの活気が全然感じられなかった。

関西空港制限エリア

 

とりあえず最低限の品だけ購入して早々に搭乗ゲートへ移動。

関西空港13番ゲート

 

マレーシア航空は13番ゲートから9時55分のフライト。

ボーディングタイムが近づくと以外と人が多いのに驚いた。

 

皆さん仕事関係で利用されるのかな??
みどりん@
みどりん@
このタイミングで海外行くのはハイリスクだろうから何も考えてないブリジロックくらいじゃねーか。
多古山先輩
多古山先輩
ブリジロック
ブリジロック
。。。

 

関西空港13番ゲート

 

今回のマレーシア航空MH53便は大好きなエアバスA350-900でクアラルンプールまで7時間のフライト。

ウイングの両端がクルってなっていてコックピットの窓が黒淵なのが特徴。

しかも、今回はマレーシアの特別塗装機で納入から1年以内の若い機材でテンションが上がる^^

マレーシア航空エアバスA350ー900

 

マレーシア航空エアバスA350-900

 

マレーシア航空エアバスA350-900のエコノミークラスの座席は3-3-3で220席、エコノミークラスのエクストラレッグルームシートが27席、前方にはビジネススイート4席、ビジネスクラスは変則的は1-2-1、1-2-2の並びで35席、合計286席の飛行機。

最近各航空会社で多いのが前方席や足の延ばせる非常口席が有料になっていること。

今回は追加費用を払ってエコノミークラスのエクストラレッグルームシートを選択。

エクストラレッグルームシートは6千円の追加費用が発生。

まぁ、7時間快適に過ごせるなら価値はあると思う、、、

私ならビジネスクラスにするけどね
みどりん@
みどりん@
チッ、、ケチらずにビジネスクラスにすればいいじゃないか
多古山先輩
多古山先輩
ブリジロック
ブリジロック
いや、あの、無職だし。。。

 

やっぱり良かったエクストラレッグルームシート^^

前の間隔が広いし背もたれ全開にしても後ろに仕切りがあるから気にならない。

エクストラレッグルームシート

 

さすがにCAさんもお客さんも皆マスクは着用していた。

ただ、この後、ほぼ満席になったのが以外でならない。

私みたいに往復4万円で購入できた方が多かったのかな?

エクストラレッグルームシート

 

シートピッチが広く、握りこぶし3個分はあるので楽に足を組むことができる。

エクストラレッグルームシートのシートピッチ

 

おまけにフットレストもあるので快適に過ごせる^^

フットレスト

 

モニター画面は十分な大きさの11インチで最新タイプ^^

もちろんタッチパネル式。

エクストラレッグルームシートのモニター画面

 

足元には電源があり、画面の下にはUSBポートもあるのでPCやスマホの充電も問題なくできる。

ヘッドホンは離陸後に配布され、着陸前に回収される。

マレーシア航空MH53のヘッドホン

 

マレーシア航空のCAさん

 

機内食とサービス

 

安定飛行に入るとピーナッツが配られ、離陸後1時間ほどで昼食がサーブされる。

関西空港でチェックインの際に渡された本日のメニュー。

マレーシア航空MH53機内食メニュー

 

事前に決めておけるのでとても良いアイデアですね。
みどりん@
みどりん@
酒飲み放題なんだよな。朝酒、しかも洋酒とかたまらんな!
多古山先輩
多古山先輩

まずはじめに配られたピーナッツ。

 

ピーナッツ

 

洋食(ビーフ)のハンバーグを選択。

ドリンクはビールでカールスバーグをいただいた。

多すぎず、少なすぎず、丁度いい量だった。

味も日本発便なので美味しい。

マレーシア航空MH53の機内食

 

到着の1時間30分前にはアイスとマフィンのサービスがある。

大好きな「スーパーカップ」が高評価^^

 

ハーゲンダッツはないんですか??
みどりん@
みどりん@
ブリジロック
ブリジロック
香港経由のキャセイパシフィック航空ならハーゲンダッツがサーブされますよ。

 

マレーシア航空MH53の軽食

 

一応、機内Wi-Fiもあるようだが、データ量が少ない割に価格が高いので利用価値はほとんど無し。

マレーシア航空MH53のストリーミングサービス

 

3Dの地図はどこを飛んでるのか分かりやすいので便利。

マレーシア航空エアバスA350ー900の3Dマップ

 

今回の飛行ルート。

台湾の下を通ってフィリピンとベトナムの間を抜けてクアラルンプールへ。

マレーシア航空MH53のフライトマップ

 

マレーシア航空エアバスA350-900のエコノミークラスのシートは紫色で画面の大きさは同じ11インチ。

ただし、リモコンやフットレストは装備されていないようだ。

マレーシア航空エアバスA350ー900のエコノミークラス

 

ほぼ定刻通りクアラルンプールに到着。

乗り継ぎが2時間ほどあるのでラウンジでのんびりしながら次のバンコク行きの便に乗ろうとしていたがトラブル発生。

やっぱりダメーシアだった。。

この記事を書いている人 - WRITER -
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ci159 Fly to Thailand and … , 2020 All Rights Reserved.