パタヤを中心に飛行機と東南アジアの旅行記を紹介するブログです

【ダナン旅行記】ベトナム航空VN337でダナンへ

2021/05/29
 
関西空港に駐機中のベトナム航空エアバスA321
この記事を書いている人 - WRITER -
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

今回はベトナム航空でダナンへ。

早朝の天王寺から関西空港までJRの「はるか」で移動。

関西空港からは予定通りのフライトでダナンへ向かった。

 

天王寺から関西空港へ

 

飛行機の出発が9時30分なので約2時間程前に到着するJR「はるか3号」で関西空港へ。

コロナウイルスの影響もあり指定席は予想通りガラガラ。

天王寺駅の列車掲示板

 

関西空港到着時の写真。

7時41分に到着。

ヘッドレストのカバーはキティちゃん仕様になっていた。

関空特急はるかの車内

 

関西空港でチェックイン

 

今回利用するベトナム航空はGカウンター。

チェックインカウンターは全日空の職員が担当されていた。

全日空はベトナム航空のダナン、ホーチミン、ハノイ線の全てでコードシェア便を飛ばしているので、全日空の職員が担当になるみたい。

関西空港Gカウンター

 

フライト情報を見ていると一番上に大好きなCI159便のチャイナエアラインがあった。

しかもゲートが普段とは異なる33番ゲート。

いつもは40番ゲートだが中国便の運休に伴い、各航空会社の搭乗ゲートが以前とは変わっているよう。

私が搭乗するのは2番目の9時30分発VN337のダナン行き。

出発スケジュール

 

いつも中国人観光客で賑わっていた免税店もガラガラ。

レジに並ぶ行列もなく、販売員さんも時間を持て余している感じで。

さすがにヤバイ状況になってきた。

関西空港の免税店

 

搭乗時間まで飛行機の写真をパチパチ。

フィリンピン航空のマニラ行き。

おそらくエアバスA321。

尾翼のカラフルなデザインが印象的だ。

フィリピン航空エアバスA321

 

今回お世話になるベトナム航空のエアバスA321-200。

調べてみると製造から10年程経っている機材。

外観は鮮やかな青緑に控えめな黄色?のラインがとても映えている。

JALやANAと比較すると白色がベースになっていないことで存在感が増してカッコよく見える。

ベトナム航空のカラーリングは好きだな。

(*・∀・)b Good!!

ベトナム航空エアバスA321

 

 

ベトナム航空VN337

 

VN337は28番ゲートより8時55分に搭乗を開始。

チェックインカウンターで今日の込み具合を聞くと5割くらいとのこと。

ほとんどの搭乗客が春休み中の大学生のように感じた。

少ないのか多いのか、、この時期に利用するのは初めてなのでなんともいえないが、おそらくコロナウイルスの影響は出ているのだろう。

関西空港28番ゲート

 

「スカイチームエリート」の恩恵を受けて一番最初に搭乗。

ベトナム航空のエアバスA321-200はビジネスクラスは2-2の座席配列で16席、エコノミークラスは3-3の座席配列で162席、合計178席仕様となっている。

ベトナム航空VN337の機内

 

座席にヘッドレストは無くパーソナルモニターも無し。

ひじ掛けにオーディオ機能が付いているだけで頭上のモニターで皆同じ作品を見ることになる。

枕とブランケットは予め各座席に用意されていた。

ベトナム航空エアバスA321のシート

 

ベトナム航空エアバスA321の機内

 

座席のシートピッチは握りこぶし2個分くらいあるので5時間のフライトだと耐えれるレベルだと思う。

ただ、満席の状態だとかなりストレスがかかりそう。

ベトナム航空エアバスA321のシートピッチ

 

幸い、今回は搭乗率が半分だったので隣2席は空席で3席独占して横になることもできた。

後部座席の大学生も3席独占して寝ていたのでかなりお得なフライトになったと思う。

ちなみに10年使用している機材だとテーブルが壊れて使用できない残念な座席も存在する。

※他にもう一席見かけたので、おそらく直す気はないみたい、、

 

ベトナム航空エアバスA321の座席

 

ベトナム航空エアバスA321のセーフティインストラクション

 

離陸後に配られたヘッドホン。

もちろん使用せず。

ベトナム航空VN337のヘッドホン

 

離陸後30分程でスナックとドリンクがサーブされた。

ベトナム航空はエコノミークラスでもスパークリングワインが飲めるのでとりあえず注文するようにしている。

ベトナム航空VN337の機内サービス

 

離陸後1時間程で機内食がサーブされた。

機内食は「和食」「ウエスタン」の2択で「ウエスタン」を選択。

メインは「サフランライスとチキンのトマト煮込み」、他に「サーモンマリネとポテトサラダ」、「フルーツ」、「コーヒームース」、「パン」の組み合わせ。

過去に利用した経験からベトナム航空の機内食は基本的に美味しいと思う。

ベトナム航空VN337の機内食

 

飛行機の機内から見える空の景色は何度見てもたまらない。

ベトナム航空VN337からの景色

 

ダナンの海岸線が見えてきた。

鮮やかな緑色がワクワクさせてくれる。

ベトナム航空VN337からの景色

 

ダナン上空に入った。

ダナンといえば海岸沿いのビーチが印象的だけど、自然豊かな緑が多く幅の広い川もありますね。

ベトナム航空VN337からの景色

 

ダナン到着は沖止めだった。

皆さんと仲良くバスで入国審査へ。

ベトナム航空VN337

 

ダナン到着

 

ダナンの国際空港は大きくないので入国審査はすぐ終わり、荷物もすぐに出てきた。

ダナン国際空港

 

VN337のフライト時間を確認してみると約1時間の早着。

搭乗率が低いのもあったと思うが、それでも素晴らしいフライトだった。

考えられるのは中国や韓国からのフライトが軒並み運休になっているため、

コントロールしやすい状態なんだと思う。

VN337のフライト情報

 

空港出口を出た瞬間からあちらこちらから男性の呼び声が、、

「YOU!YOU!TAXI!TAXI!!」

「YOU!TAXI!?TAXI!?」

「YOU! YOU! YOU!」

ブリジロック
ブリジロック
あ~、うっせぇ、、かなりうっせぇ。
ブリジロック
ブリジロック
タイではどこでも「マッサー?マッサー?」
ベトナムでは「YOU!TAXI?TAXI?TAXI?」
アグレッシブですね~
みどりん@
みどりん@
日本語が通用しないからたまらんな、、
多古山先輩
多古山先輩

 

ダナン国際空港

 

ベトナム現地での洗礼を受けつつ、リゾート感満載のダナンで今日から現地ブログ開始。スカイスキャナー

この記事を書いている人 - WRITER -
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ci159 Fly to Thailand and … , 2020 All Rights Reserved.