タイのパタヤを中心に東南アジアを一人で旅をする旅行記ブログです

【ベトナム】ダナンのミーケービーチと街の様子 ー2023年5月ー

2023/11/01
 
ミーケービーチ

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

この記事を書いている人 - WRITER -
イラスト
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

 

ベトナムのリゾート地として有名なダナン。

南北の代表都市ハノイやホーチミンから飛行機で1時間30分ほどの場所に位置している。

おそらく、多くの読書様は上空からダナンの街を見たことがあるのでは。

というのも、日本からタイのバンコクへ向かう際はダナン上空を通過することが多い。

ちょうど南シナ海から陸地に入る場所がベトナムのダナンになるということだ。

天気が良く雲が無い状態だと機内からダナンの空港と綺麗な海外線を見ることができる。

さて、パンデミックが起きた2020年2月以来、約3年ぶりのダナンの様子を紹介する。

【関連記事】「ベトナム航空VN337でダナンへ」

 

2023年に訪れたベトナムのダナン

 

パンデミック以来初めて訪れるリゾート地ダナン。

ホーチミンは何度か訪れているが、リゾート地が好きな筆者としてはずっと気になっていた。

しかし、2023年6月現在も日本からダナンへの直行便は成田発のみ。

パンデミック前は関西空港にも就航していたが、今のところ再開する予定はなさそう。

残念ながら成田を経由するか、ホーチミンかハノイを経由する選択しかないのが現状である。

 

ミーケービーチ

 

ダナンの魅力といえばリゾート感溢れるビーチ。

過去にはアメリカのフォーブス誌が「世界の魅惑のビーチ ベスト6」に選んだことで注目を集めた場所でもある。

南北30kmにも及ぶ砂浜の海岸線は波が穏やかで街の中心から近いのも魅力。

筆者が1回目に訪れた時は観光客が閑散として寂しい光景だった。

2回目となる今回は観光客の賑わいが戻っていると期待しつつビーチへ、、。

 

ダナンのミーケービーチ

 

筆者が宿泊しているホテル近くのビーチロード。

青空と緑の木々がとても清々しいが、、誰も歩いていない。

ビーチにも観光客の姿が見えない。

 

ミーケービーチ沿いのビーチロード

 

かろうじて砂浜近くに数人の観光客が見える。

いや、実際に観光客なのかどうなのか不明である。

もしかしたら現地の方が訪れているだけかもしれない。

 

ミーケービーチ

 

ベトナムは朝から運動やスポーツを行うのが盛んな国で、公園では健康器具も多く見られる。

ミーケービーチ沿いにも写真のような健康器具が設置されているが、誰もいない。

 

ビーチ沿いの健康器具

 

今回撮影した写真の中で一番リゾートっぽい画がコチラ。

青空と綺麗な海、茅葺き屋根の下にビーチチェアが並ぶ。

少しはミーケービーチの雰囲気が伝わる一枚ではあるが、こちらも観光客がいない。

驚くほどビーチには観光客の姿が見えなかった。

これでは2020年のパンデミック直前とほぼ変わらない状況である。

、、、(・ω・`)

 

ミーケービーチ

 

多くのビーチチェアは無人の状態で閑散としている。

雰囲気は悪くないが、観光客のいないビーチほど寂しいものはない。

左手前にあるペンギンのゴミ箱が口を開けて現状を嘆いているように見える。

天気が良いのになんてこった。

 

ミーケービーチ

 

筆者はビーチリゾートが好きだが泳ぐことはない。

これはパタヤやプーケットでも同じ。

雰囲気を楽しみたいだけ。

「サービスプライスリスト」なる看板が目に入ったので確認。

ソフトドリンクは15,000VND=日本円で90円くらい。

缶ビールで15,000〜25,000VND=90円〜150円。

街中よりは少し高いがビーチで購入するにはかなりリーズナブル。

ココナッツ30,000VND=180円、ビーチチェア40,000VND=240円

現在は円安で厳しい状況だが、良心的な価格設定で気軽に利用することができる。

 

ミーケービーチのサービス料金

 

日中はあまりにも暑いのでビーチにある売店で少し休憩する。

ビーチチェアの利用を勧められたが、今回は水分補給のみ。

観光客があまりにも少ないので暇つぶしにとお店の方と少し会話。

どうやら日中は暑すぎて観光客がホテルから出てこないらしい。

午前中の早い時間と夕方にはそれなりに賑わいがあるのだとか。

あぁ、納得。

この暑さだと1時間でも軽い熱中症になりそうな気がする。

 

ビーチ沿いの売店

 

選んだドリンクは甘い甘ーいレモンティー。

味は悪くなかったが、口の中で甘さの余韻が後をひく感じ。

ちなみに料金は15,000VND。

売店で休憩させてもらったので10,000VNDのチップを渡しておいた。

マイペースな感じで全然ガツガツしてないのがイイ。

 

レモンティー

 

ダナン大聖堂と両替所

 

続いてダナンの街中へと移動する。

ビーチロードから街中までは「Grab バイク」を利用すれば150円くらいで行くことができる。

観光スポットを代表であるピンク色が特徴の「ダナン大聖堂」は相変わらずの人気ぶり。

団体観光客が次から次へと訪れて記念撮影を繰り返していた。

いや、なかなか立派な建物でピンク色がよく似合っている。

(・∀・)イイ!!

ほとんどの場合、訪れて記念撮影をすればもう何もすることがない状況である。

筆者も写真撮影を終えた後は少しフラフラして数分の滞在で後にした。

 

ダナン大聖堂

 

ダナン大聖堂の近くにある貴金属屋さんで円をベトナムドンに両替する。

この時のレートは10,000円→1,710,000VND。

うーん、かなり厳しい。

東南アジアの物価安に助けられているが円安はそろそろ勘弁してほしい。

 

ダナンの街中両替所

 

コンビニエンスストア

 

ダナン滞在中にコンビニへ行こうと探したが定番のお店が見当たらず、、

ホーチミンではサークルKやミニストップ、ファミマ、セブンと豊富だがダナンは少ないのかも。

そのかわりローカルなコンビニがいくつか見られた。

コチラは「ABC MART」。

ハワイのホノルルにある有名なチェーン店「ABC STORE」とは多分関係ないと思う。

食品だけでなく衣類も扱っているので便利ではあると思う。

 

ダナンのABCマート

 

隣には別のお店「Q Market」。

コチラも衣類を扱っている小綺麗なミニマーケット。

コンビニの代わりに利用するには良さそう。

 

Qマーケット

 

マーケットではないが気になったケバブ屋台。

仕上がりはスティック状ではなく具材を挟んだスタイル。

料金など詳細は利用していないので不明。

 

HELLO KEBAB

 

増加する和食レストラン

 

先日訪れたタイのプーケットと同じくダナンでも日本料理は人気があるようだ。

街中には居酒屋とSUSHIと書かれたお店がチラホラ。

赤い提灯や鯉のぼり、桜の花で「JAPAN」を演出している。

日本人からすると少々大袈裟な店構えだが、海外ではこれが受けるのだろう。

 

和食レストラン

 

営業時間外なのでシャッターは閉まっていたが、ラーメンも人気がある。

ひらがなで「えびよし」、隣には「すしまる」。

なんともシュールな外観である。

 

和食レストラン

 

一番スタンダードな感じのお店がコチラ「まぐろすし」。

お食事処と書かれた暖簾がなんとも言えない安心感を与えてくれる。

これくらいフツーの店構えだと日本人も利用しやすそう。

 

ダナンの和食レストラン

 

フツーのお店もあれば、フツーでないお店もあるのが海外。

「NARUTO RAMEN」。

上の看板を見た限り日本食のお店であるのは理解できる。

が、右下に置かれてある暖簾?には何やらアニメの絵が描かれている。

もしかして、、

 

ダナンのNARUTO RAMEN

 

お店の横に回ってみると案の定アニメの「NARUTO」が描かれていた。

アニメ「NARUTO」好きの店主が作っているラーメン、、が正解だと思う。

他にカレーや餃子、丼もの、刺身などバラエティーな和食レストラン。

これ、アニメが描かれてなかったらお店に入ってたかも。

 

ダナンのNARUTO RAMEN

 

ランドリー

 

ダナン滞在中に利用したランドリー。

タイでは1kgまで50THB(200円)だが、ダナンでは20,000VND(120円)という安さ。

ただ、少し生乾き臭がしていたので洗剤の香料は弱めと思われる。

、、、(・ω・`)

 

ダナンのランドリー

 

シェアサイクル

 

ダナンの街を流れている大きなハン川。

そのハン川沿いにシェアサイクル(TNGo)が並んでいた。

青と白の綺麗なカラーリングで街中を移動するには便利そう。

(・∀・)イイ!!

調べてみるとスマホのアプリをダウンロードして電子マネー決済で利用するそうな。

料金は30分/5,000VND、1日/50,000VND。

2時間の利用でも120円くらいとリーズナブルだ。

街中には同じような置き場所が設置されているので途中で乗り捨て可能。

 

ダナンのレンタルサイクル

 

Bamboo 2 BAR

 

前回訪れた時も利用した「Bamboo 2 BAR」。

ハン川沿いにある3階建てのバーで気軽に利用できる。

筆者が訪れた時間は真っ昼間。

一階では欧米人がビールを片手にテレビでスポーツ観戦。

 

Bamboo 2 BAR

 

筆者は誰もいない3階を利用させていただいた。

中央にビリヤード台、湾曲したバルコニーにテーブルカウンターが設置。

 

Bamboo 2 BAR

 

ビールは定番のタイガー、サイゴン、ラルー、ハイネケンなど。

料金は40,000〜55,000VNDほど(240円〜330円)

日本のビールはサッポロが55,000VND。

タイのパタヤと同じような価格設定。

 

ICE COLD BEERS

 

迷わずに選んだサンミゲルライト。

料金は55,000VND。

パタヤではなくダナンで最後のサンミゲルライトとなった。

ハン川と通りを行き交うバイクを眺めながらスッキリした味わい楽しむ。

やっぱり好きだなサンミゲルライト。

( ´ ▽ ` )

 

サンミゲルライト

 

まとめ

 

※ブログでは伝えきれない様子を動画で公開しています。

【Youtube】「ダナンのミーケービーチと街をぶらりー2023年5月ー」

パンデミック以来となった今回のダナン。

ミーケービーチ自体は相変わらず心地よくリゾート感もある。

が、まだまだ観光客の回復は遅れているようだ。

ビーチ沿いは多くのホテルや飲食店が並んでいるが、稼働率はまだ厳しいように思われる。

もう少し賑わいが戻っているのを期待していただけに少々残念な結果であった。

日本からの直行便も成田に限定していることを考えると納得できる状況ではある。

ちなみに、ダナン滞在中に日本人を見かけたのは2組のみ。

パンデミック直前では日本人観光客の姿が多く見られたが、今のダナンでは日本人に逢うのは貴重かもしれない。

できれば関西空港からも直行便を再開してほしいところだが今のところ予定はなし。

デイリーでなくても週3便でもベトナム航空に頑張ってほしいところだ。

次回はダナンで利用したレストランとバインミーを紹介する。

この記事を書いている人 - WRITER -
イラスト
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. 石山一彦 より:

    Maguro sushi のオーナーです。普通の雰囲気を分かっていただき有難うございます。青森と行ったり来たりしていましたが今コロナの影響で嫁に任せています。なかなか観光客が戻って来ませんね。

    • コメントありがとうございます。
      まさか、、Maguro Sushiのオーナーさんからコメントといただけるとは思ってもみませんでした。
      ダナン滞在中に見つけた日本料理屋さんの中では一番日本らしい雰囲気でした。
      パンデミック直前の2020年2月に訪れた時と街の様子があまり変わっていなかったので、まだまだ厳しい状況なんですね。
      次回、ダナンを訪れた際は是非利用させていただきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© ブリジロックの旅日記 , 2023 All Rights Reserved.