【フライトレビュー】ダナンからハノイまで国内線「ベトナム航空VN194」

ダナン国際空港の国内線チェックインカウンター 空港

 

ダナンでの滞在を終えてハノイ経由で帰国する。

当初航空券を購入する際、往路はダナンまでの直行便、復路はハノイかホーチミン経由で帰国しようと考えていた。

目的は経由先の空港ラウンジ滞在と最新機材エアバスA350に乗るのが目的だ。

どちらも同じ価格だったので、経由先の空港ラウンジにシャワーがあるハノイ経由を選択。

しかし、これが少し残念な結果となった。

 

ダナン国際空港

 

ダナン国際空港は2017年に改築された新しい空港。

今まではターミナルが小さく不便な空港だったようだが、

近年リゾート地として人気が急拡大していることから国際線と国内線にターミナルが分かれ利便性が向上されている。

第一ターミナルは国内線、第二ターミナルは国際線が就航している。

今回はハノイまで国内線移動となるので第一ターミナルを利用。

 

ダナン国際空港

 

はい、ものすごくガラガラです。

パンデミックによる海外(特に中国、韓国)からの旅行者激減の影響もあり、

ターミナルのチェックインカウンターは閑散としていた。

チェックインの際、スーツケースは関西空港までスルーされるのかと思いきやハノイでピックアップするように言われた。

また、数日前にベトナム航空から機材変更と出発時間の遅延についてメール連絡があった。

※機材変更(エアバスA350→A321に小型化)

おそらくパンデミックの影響によるものと思われる。

 

ブリジロック
ブリジロック
エアバスA350に乗りたかった、、

 

ガラガラのダナン国際空港

 

国内線ターミナル 制限エリア

 

ダナンからハノイへは国内線利用のため出国手続きはなく手荷物検査のみ。

制限エリア内は国内線ターミナルでもお土産屋さんや飲食店が多くみられた。

 

第一ターミナル制限エリア

 

海外ではお馴染みのバーガーキングも絶賛営業中、、、

でも、利用するお客さんはいないようだった。

ブリジロック
ブリジロック
空港のバーガーキングは価格が高すぎるんだよね。

 

バーガーキングの看板

 

ベトナムらしく「フォー24」も営業していた。

こちらはお客さんが入っていたので街中同様に人気があるようだ。

価格も300円くらいと空港で飲食するにはリーズナブルな方だと思う。

 

PHO24の空港店舗

 

こちらもベトナムの定番カフェ「ハイランドコーヒー」

スターバックスよりリーズナブルでベトナムコーヒーを中心にバインミーも楽しむことができる。

日本のお店で例えるとサンマルクカフェといったところか。

 

ハイランドコーヒーの空港店舗

 

「BIGBOWL」、、初めて見たフォーのお店もあった。

フォーの種類は豊富そう。

 

ビッグボウルの空港店舗

 

搭乗時間が近くなると搭乗ゲート付近に多くの搭乗者が集まりだした。

欧米人の利用者が多く、マスクをしている方も8割~9割と多くいた。

 

搭乗者はたくさんいたんですね。
みどりん@
みどりん@
ブリジロック
ブリジロック
搭乗開始前にゲート前に並ぶ日本人を多く見かけるけど、ベトナム人も一緒でガンガン並んでる。

 

国内線搭乗ゲート前

 

20時発ハノイ行きとホーチミン行きが重なるので混雑する時間帯のようだ。

ベトナム航空以外にLCCのジェットスターパシフィック航空、ベトジェットエアー、

最近就航した新しい航空会社「バンブーエアウェイズ」がフライトインフォメーションに並ぶ。

ブリジロック
ブリジロック
バンブーエアウェイズは大型機材787-9を導入しているところが興味深い。

 

ダナン国内線出発スケジュール

 

ベトナム航空VN194

 

ベトナム航空VN194の機材はナローボディのエアバスA321。

【公式HP】「ベトナム航空」

往路で関西空港からダナンまで搭乗した機材と同じでパーソナルモニターが無く、単通路でエコノミークラスの座席は3-3のアブレスト。

チェックインの際、イイ席があればお願いと伝えたところ興味深い席にアサインされた。

座席番号は19D。

座席表で確認すると前の座席=18Dには座席が無いので足を伸ばすことができるオイシイ席かも^^

 

VN194のシートマップ
(ベトナム航空の座席表より)

 

ベトナム航空はスカイチーム(アライアンス)に加入しているので、

同じスカイチームのチャイナエアライン上級会員メンバーはスカイチームエリートとして優遇される。

専用チェックインカウンターの利用、優先搭乗、荷物の優先受け渡し、座席アサインの優遇等、、

ハノイから関西空港までのフライトでも優遇されたので有難い。

ブリジロック
ブリジロック
ベトナム航空はチャイナエアラインより上級会員への扱いがハッキリしているのでスカイチームエリートメンバーにはオススメだよ!

 

座席と機内サービス

 

搭乗時間になり優先搭乗でサクッとアサインされた19Dの座席に向かうと、

思っていたのと少し違った。

座席自体はフツー。

 

ベトナム航空エアバスA321の座席

 

隣2席は後ほど来られた方が座ったので空席ではなかった。

 

ベトナム航空エアバスA321の座席

 

で、肝心の足を伸ばせるかどうか、、

たしかに前に座席は無かったので座席表に間違いはない。

でも、壁があった。

壁ってなんだよ!
多古山先輩
多古山先輩
この壁って何か意味あるんですか?
みどりん@
みどりん@
ブリジロック
ブリジロック
たぶん、非常口にあるCAさん専用座席の背の部分かなと、、

 

座席からの眺め

 

まぁ、背もたれは倒れてこないし、足も少しだけ伸ばすことができるのはアリかな。

足を組んだりすることも余裕だし。

 

シートピッチ

 

ベトナム航空はシートピッチが割と広いので、LCCや国内線と比べると小型機でもゆったりしている印象。

 

ベトナム航空エアバスA321の機内

 

離陸後は全員にミネラルウォーターが配られた。

フライト時間は約1時間なので機内食は無く、あとは着陸を待つだけ。

ちなみにホーチミンーハノイ間の国内線は約2時間のフライトで軽食がサーブされるらしい。

 

ミネラルウォーター

 

無事、定刻通りハノイ国際空港に到着。

スーツケースをピックアップして無料のシャトルバスで国際線ターミナルへ移動。

 

ハノイ国内線到着出口

 

国内線出口を出て右に曲がって少し歩くと「Shuttle Bus to T2」の表示がある。

その場所で少し待機しているとシャトルバスがやってくる。

間違っても矢印の示しているバス(07、17、90、109)の乗り場へ行かないように。

 

シャトルバス乗り場

 

無料のシャトルバスはスーツケースを持ち込める大型バスで国内線、国際線のターミナルを巡回している。

 

シャトルバス

 

バス車内のディスプレイにはターミナルの場所と経路が表示されていた。

 

シャトルバス運行ルート

 

まとめ

 

ベトナムのダナンからハノイまで初めて国内線を利用してみたが、結果は予想通りといった感じ。

国際線と異なり、1時間ほどの短距離で小型の機材。

特別なサービスが提供されるでもなく、ただ座って到着を待つだけのフライトだった。

残念だったのは、この後、関西空港へ向かうベトナム航空の機材が大型機から小型機に変更されたこと。

とはいえ、ベトナム航空のサービスは丁寧で印象がとても良い。

国際線では機材の大きさより機内食やサービスに期待が膨らむ。

次回はハノイのノイバイ国際線ターミナルで改めてチェックインし、帰国に向けて出国手続きへと向かう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました