パタヤを中心に飛行機と東南アジアの旅行記を紹介するブログです

アデルフィパタヤ

 
AdelphiPattayaの外観
この記事を書いている人 - WRITER -
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

 

このブログを書いているのが10月8日。

場所はパタヤからプーケットに移動して滞在5日目となる。

しかし、ブログだけでなくYoutube動画の編集、撮影も並行して行っていると遅れだしていくわけで、、。

今回紹介するホテル「アデルフィパタヤ」には9月22日に宿泊したので約2週間遅れとなってしまった。

前回に引き続きパタヤのホテルを紹介。

 

アデルフィパタヤ

 

タイのパタヤに滞在しながらホテルを転々とする旅。

今回紹介するホテルは「アデルフィパタヤ」。

パタヤのソイブッカオとサードロードの間にあるコスパの高いホテルである。

ちなみに、今回の宿泊費用は朝食無しで一泊1800円と格安で提供されていた。

 

AdelphiPattayaの外観

 

ロビーはかなり広くゆったりとした雰囲気。

コロナ禍の現在は朝食サービスが行われていないかもしれない。

以前宿泊した際に利用した朝食会場は閉鎖されていた。

なお、私が宿泊した時にどれくらい宿泊者がいるか聞いてみたところ30組が宿泊しているとのこと。

海外からの観光客よりもタイ人による宿泊利用も多いみたい。

 

AdelphiPattayaのロビー

 

入口を入るとすぐ横にはSHA認証マークとアルコール消毒液が置かれている。

現在はどこのホテルもこれがスタンダードである。

もちろん、手のひらをかざして検温する機械も置かれている。

 

SHA認定マーク

 

場所

 

建築年:2014年

客室数:76

住所:390/14 Moo 9 Pattaya Sai 3 Road Chaloem Phrakiat 21 Alley, Pattaya City, Bang Lamung District, Chon Buri 20150

チェックイン:14:00

チェックアウト:12:00

【Adelphi Pattaya】 公式HP

 

 

デラックスルーム

 

予約した部屋は一番下のカテゴリーになるデラックスルーム。

部屋の広さは30㎡と2人で宿泊しても余裕の広さを感じる。

床と家具類が明るい木目となっているためカジュアルな印象。

大きなダブルベッド、手前には液晶テレビと机、ドアの横にはクローゼットと化粧台が設置されている。

尚、こちらの部屋はバルコニーが無いため、必要な方は少し料金が高くなるがバルコニー付の部屋もあった。

 

AdelphiPattayaの客室

 

少し気になったのが、部屋の広さの割には天井の低さが目立ちやや圧迫感を感じた。

背の高くない私にとっては何の問題もないのだが。

 

AdelphiPattayaの客室

 

設置されている液晶テレビはシャープ製の32~40インチの間くらい。

スマートテレビではないため、本体だけでYoutubeを視聴することはできない。

 

AdelphiPattayaの客室テレビ

 

テレビ番組はかなりのチャンネル数があり、FOXスポーツHDでは綺麗な映像を視聴することができた。

日本のチャンネルはNHKワールドのみ。

 

AdelphiPattayaのテレビプログラム

 

部屋には定番の電気ケトル、マグカップ、グラス、インスタントコーヒーと紅茶、栓抜き、無料に水が用意されている。

 

AdelphiPattayaの客室サービス

 

クローゼットの中にはガウンが2着入っていた。

このクラスのホテルでもガウンがあるのは有難い。

 

AdelphiPattayaの客室のガウン

 

クローゼットの片方にはセーフティボックスと収納スペース。

 

AdelphiPattayaの客室

 

ベッドサイドにはSONYのデジタル時計が置いてあるのだが、使い方がよく分からず触れる機会もなかった。

なんとなくインテリアとして置いてある印象が強い。

 

AdelphiPattayaのデジタル時計

 

部屋からは海側の街をパノラマに眺めることができる。

客室の最上階ということもあり、シービューを少し期待したが残念ながら海を見ることはできなかった。

 

AdelphiPattayaの客室からの眺め

 

バスルーム

 

部屋の広さに比べてバスルームの広さが凄かった。

ちょっとした小部屋になりそうなくらいのスペースがある。

余裕でバスタブを置くことも出来そうだが、コチラの部屋はシャワーのみとなっていた。

 

AdelphiPattayaのバスルーム

 

シャワールームにはソープとシャンプーが用意されている。

 

AdelphiPattayaのシャンプーとソープ

 

アメニティは綿棒、シャワーキャップ、サニタリーバッグのみ。

グラスとハンドソープが用意されているが、歯ブラシやその他のアメニティはレセプションでもらうことができるみたい。

 

AdelphiPattayaのアメニティ

 

ヘアドライヤーは備え付けタイプ。

ただ、このヘアドライヤーがなかなかの曲者で、少し使用しているとオーバーヒートのためか急に使えなくなる。

そして、しばらくすると復活するという使いにくさ。

長時間ではなく一分弱で停止していたような、、出来れば交換してほしい部分ではある。

 

AdelphiPattayaのヘアドライヤー

 

ルームトッププール

 

ルーフトップにはホテル自慢のプールがあるのだ。

周辺にあまり大きな建物がないこともあり、とても開放的で心地よい。

(*・∀・)b Good!

残念ながらバーカウンターでのサービスは行っていなかったが、コチラのプールは程よい広さで空の景色にとても似合っている。

海まで離れていてもホテル屋上のプールで十分満たされるだろう。

 

Adelphi Pattayaのルーフトッププール

 

まとめ

 

・ソイブッカオから近くコスパの高い便利なホテル

・コンセントの数は少ないが部屋が広く快適に過ごすことができる

・スタッフはフレンドリーで気さくに声をかけてもらえる

・天井が低いので背の高い方は圧迫感があるかもしれない

ブログでは伝えきれない様子を動画で公開しています。

【Youtube動画】「Adelphi Pattaya Hotel」

10月から規制緩和されて少しづつパタヤの街は動き出している。

特にソイブッカオ周辺は以前から賑わいを見せていたが、10月からはもう少し遅い時間まで賑わいが続きそう。

また、シャッターを閉めていたお店が営業再開する様子も見ることができた。

今回紹介した「アデルフィパタヤ」はソイブッカオまで徒歩数分と近く、私のお気に入り「AMBER HOTEL PATTAYA」のすぐ隣。

パタヤに数回訪れたことがある旅行者にはオススメのホテルである。

もちろん、ウォーキングストリートやLKメトロ周辺には素晴らしいホテルが沢山ある。

その中でもコスパと部屋の広さや利用しやすさ、、そういった点では決して悪くないホテルである。

パタヤ滞在記前編はまだまだ続きます、、が、既にプーケットへ移動しているので、次回はバンコクからプーケットの移動について紹介します。

この記事を書いている人 - WRITER -
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ci159 Fly to Thailand and … , 2021 All Rights Reserved.