パタヤを中心に飛行機と東南アジアの旅行記を紹介するブログです

【鉄道】「みんなの九州きっぷ」北部九州版の前半、、の続き

2021/03/01
 
ハウステンボス駅に停車中の特急ハウステンボス
この記事を書いている人 - WRITER -
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

2021年1月

今回も九州へ鉄道の旅へ出かけてきた。

昨年に2度利用したJR九州の企画切符「みんなの九州きっぷ」の北部九州版。

ざっくり、鹿児島県、宮崎県以外の九州の上半分くらいを対象エリアとした特急・新幹線を含むJR乗り放題。

今回も何回かに分けてブログで紹介していく。

前回は長崎へ半日旅を紹介したので、今回は1日目前半の続き、、ハウステンボスへ。

特急ハウステンボス

 

「ハウステンボス」といえば長崎佐世保市にある有名なテーマパーク。

オランダの街並みを再現し、テーマはヨーロッパ全体

ディズニーリゾートの1.5倍というとんでもない敷地面積で単独テーマパークとしては日本最大らしい。

ただ、行ったことはなかったんだよね。

ってか、テーマパークそんなに行く機会ないし、

どーせなら、ヨーロッパの国へ直接行きたいって思ってしまう。

少し脱線するが、、

前に勤めていた会社でディズニーリゾートに1泊2日の慰安旅行があったのよ。

まぁ、タダで行けるから有難い話しで、家族や子供連れの方は全然いいなーって内容。

交通費の新幹線代や敷地内のホテル代も全て会社が負担してくれるので素晴らしいの一言。

が、しかしだょ、、

私のように独身のおっさんも数名は会社にいるわけで。

特にディズニーリゾートに興味が無くてもサラリーマンだから強制参加。

しかも、独身おっさん3人が同じ部屋にされるという暴挙。

チ─︎─︎─︎(´・д・`)─︎─︎─︎ン

楽しそうな敷地内とは真逆の地獄絵図だよ。

夜はおっさんのイビキで寝れたものではないし、、(´・ε・`)

お金払ってでも近隣のビジネスホテルへ一人で宿泊したかった。

テーマパークの想いでといえばそれくらいか。

 

特急ハウステンボス

 

気を取り直して、、

博多駅からハウステンボスへ向かうには「特急ハウステンボス」に乗車すれば乗り換えなしで行ける!

車両は783系の車体をリニューアルさせたお洒落なオレンジ色。

カラーリングだけでなくデザインがとてもイイ。

(*・∀・)b Good!!

途中の早岐駅までは特急みどりと連結して8両編成で運行されている。

 

ハウステンボス駅に停車中の特急ハウステンボス

 

車内も外観に負けないくらい明るい雰囲気で、乗った瞬間からテーマパークを感じられるような賑やかさ♪

観光列車ほどではないが、地味な特急列車とは明らかに一線画すデザインはさすが。

 

特急ハウステンボスの車内

 

ちなみに、博多駅から乗車した特急ハウステンボス15号はガラガラだった

私が乗った1号車B室の指定席は終点まで私だけ。

いわゆる貸切状態ね。

更に、ハウステンボス駅の一つ手前の停車駅=早岐駅ではどうやら私以外の乗客はいなかった。

列車ごと貸切のような感じになってしまった。。。

そもそも、中途半端な時間からハウステンボスへ行くお客さんがいないってことか・・・

ハウステンボス駅からは豪華な外観の建物「ホテルオークラJRハウステンボス」が見えた。

天気も影響してか、なんだか寂しい写真になってしまった。

 

ホテルオークラJRハウステンボス

 

※特急ハウステンボスの車内の雰囲気や車窓の動画はコチラ

特急みどり

 

ハウステンボス駅に着いた後は、駅から出ることなくそのまま博多駅へ帰る

まさか、、ハウステンボスへ行くわけがない。

もし、行くとしても一人で行く場所ではないはず。

それくらいは心得ています。

なので、ハウステンボスへは機会があれば改めて行ってみようと思う。

ハウステンボス駅からは佐世保行きのシーサイドライナーYC1に乗車。

エレクトリカルパレードみたいな電飾系全開の最新車両ね。

(・∀・)=ャ=ャ

 

早岐駅に停車中のYC1

 

ハウステンボス駅の隣にある早岐駅でYC1を下車。

復路は早岐駅から「特急みどり24号」に乗車する。

先ほど乗ってきた「特急ハウステンボス」と同じ783系だが、車体のカラーリングやデザインが異なる。

 

早岐駅に停車中の特急みどり24号

 

車内はメッチャ地味な印象。

「特急ハウステンボス」とのギャップがとにかく凄い。

博多~早岐間で特急列車に乗るなら迷わず「特急ハウステンボス」をオススメする

ただ、博多方面へ向かう列車の場合、先頭となる8号車B室の自由席は前面展望可能でセミハイデッカー仕様となっている。

窓が大きく車窓もよく見えるのでオイシイ部分ではある。

※前面展望の様子はYoutubeでご覧ください。

 

特急みどり24号の車内

 

早岐駅で連結

 

先ほど紹介した「特急ハウステンボス」と「特急みどり」は早岐駅で分離、連結を行う。

「特急ハウステンボス」の博多方面の先頭車は、連結するため貫通扉仕様となっている。

 

ハウステンボス駅に停車中の特急ハウステンボス

 

同じように「特急みどり」も連結するための貫通扉仕様。

特急みどりの顔はコチラの方が好み。

 

早岐駅に到着する特急みどり

 

連結した写真がコチラ。

博多駅~早岐駅までは連結して運行され、早岐駅で分離してそれぞれ終点へと単独走行する。

※特急みどりの終点は佐世保駅

なんだか格差を感じる連結でもある。

 

特急みどりと特急ハウステンボスの連結

 

ザ ロイヤルパークホテル福岡

 

この日の宿泊先は博多駅から徒歩数分の場所にある「ザ ロイヤルパークホテル福岡」

外観も客室も落ち着いたシティホテルである。

 

ロイヤルパークホテル福岡の入口

 

宿泊したハリウッドツインのお部屋。

独立したバスルーム、トイレに広々とした客室はおっさん一人には勿体ないレベル。

(*・∀・)b Good!

詳細はブログ、動画で公開しているので確認してみてほしい。

【関連記事】「ザ ロイヤルパークホテル福岡」

【Youtube動画】「宿泊してみた ザ ロイヤルパークホテル福岡」

 

ロイヤルパークホテル福岡の客室

 

尚、WiFi環境については写真の通り。

決して回線速度は速くはないが、動画が見れないレベルでもない。

そこそこのレベルといったところか。

時間帯や周辺の利用状況で変わると思われる。

 

ロイヤルパークホテル福岡のWiFi環境

まとめ

 

・特急ハウステンボスは外観も車内もテーマパークのような賑やかな印象

・特急みどりは地味だが博多方面の先頭=8号車B室自由席では前面展望とセミハイデッカー仕様が堪能できる

・早岐駅では特急みどり、ハウステンボスの分離・連結シーンを見ることができる

・大村線を走るシーサイドライナーYC1はエレクトリカルパレードくらい印象に残る車両

 

特急ハウステンボスに乗車してハウステンボス駅まで初めて訪れてみたが、乗客がいないのはやはり寂しいの一言。

まさか、終点のハウステンボス駅で下車した乗客が私一人だったとは、、

それでも特急ハウステンボスは毎日希望を乗せて走り続けている。

大勢の乗客を乗せて活躍する日まで、まだもう少し時間がかかりそうだが、少しづつ今の状況は変わりつつある。

ワクチン接種も始まり、希望の光が見えてきた。

長い長いトンネルを抜けるまでもう少しの我慢。

ブログでは伝えきれない様子を動画で公開しています。

是非ご覧ください。

【Youtube動画】「みんなの九州きっぷ 北部九州版 前半」

この記事を書いている人 - WRITER -
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ci159 Fly to Thailand and … , 2021 All Rights Reserved.