パタヤを中心に飛行機と東南アジアの旅行記を紹介するブログです

【タイ】訪れるとハマる!タイのリゾート地パタヤ Part1

2022/11/22
 
パタヤのソイ8の風景



この記事を書いている人 - WRITER -
イラスト
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

 

7年ほど前プーケットへ行ったのをきっかけに毎年タイへ行くようになった。

プーケットといえばリゾートの代名詞。

家族連れやカップル等、日本からの旅行者も多く治安もいいことから行きやすい海外のリゾート地。

では、何故パタヤばかりに行くのか?との疑問があると思うが、理由がいくつかあるのだ。

 

パタヤ(PATTAYA)とは

 

パタヤビーチロード

 

そもそもパタヤの場所はバンコクから南東へ約160キロメートル、タイ東部チョンブリー県の西海岸に位置している。

かつてはタイ湾に面する小さな漁村だったが、1960年代にリゾートとして整備が進められ、以来世界中から観光客が訪れるアジアを代表するビーチリゾートになった。

人気の理由はバンコクから車で約2時間、スワンナプーム国際空港からは約1時間半というアクセスの良さと多彩なマリンスポーツが年間を通じて楽しめること。

加えてショッピングやナイトライフ、アウトドア・アクティビティなどのエンターテイメントが揃うのでタイ人も観光で訪れるくらい。

私がパタヤへ何度も訪れる理由はこの5つだ。

①物価の安さ (バンコクやプーケットに比べて2/3くらい)

②ホテルの多さ (特にファミリー向けや高級ホテル以外の3つ星、4つ星が多くて安い)

③アクセスの良さ (スワンナプーム国際空港からバスで2時間ほど)

④街がコンパクト (パタヤビーチを中心に一日あれば大半を回ることができる)

⑤バーの多さ (やたらとバーが多い、特にビーチ沿い近くにはオープンバーが密集している)

 

ブリジロック
ブリジロック
バーで飲んでいる白人のおじさま方は上半身裸の方も多いよ

Soi8のバービア

 

海沿いの街なのでシーフードレストランなんかも多数ある。

生きている新鮮なエビやカニ、魚を生け簀からすくってそのまま調理してもらえる。

 

シーフードレストラン

 

シーフードレストランの生け簀

 

シーフードレストランの生け簀

 

屋台

 

タイはもともと屋台が多いが、観光地であるパタヤでは特に多いと思われる。

種類は食事やドリンク、フルーツやスイーツ、服やぬいぐるみ、虫まで、、、

ブリジロック
ブリジロック
この屋台では大きな魚やエビを焼いてもらえます

 

シーフード屋台

 

こちらではバーベキューの串焼きが多数あった。

チキンやポークをパイナップルと一緒に焼いて1本単位で買うことができる。

予め焼いてある串は注文すると再度焼き直してくれる。1本10バーツ(35円くらい)。

 

焼き鳥屋台

 

こちらはクイッティアオ(麺類)の屋台。

メニューは下の写真で分かるようになっており40バーツから50バーツ(140円~180円くらい)。

テイクアウトが基本だけど、現地の方は近くで座って食べたりしている。

 

クイッティアオ屋台

 

こちらは東南アジア名物のドリアン。

注文すればカットをして食べやすく袋に入れてくれる。

ドリアンは食べないんですか?
みどりん@
みどりん@
ブリジロック
ブリジロック
うん、ドリアンは食べないよ。
ドリアンも食えねーのかよ、、全然ダメじゃん。
多古山先輩
多古山先輩

 

ドリアン屋台

 

こちらの屋台ではチキンと揚げポテトなんかを販売していた。

パタヤではいわゆる「鳥のから揚げ」が多く、どこの屋台でも近くを通るとイイ匂いがする。

過去に何度が買って食べているが、大きさもあり、味もしっかりしていてビールに合うのだ。

から揚げを買って近くのバーに持ち込んで食べると最高。

 

揚げ物屋台

 

こちらはフルーツの屋台。

箱の中は氷を敷いているので冷えた状態。

注文するとその場でナイフで食べやすくカットして袋にいれてくれる。

長い串も一緒につけてくれるので歩きながら美味しいフルーツを食べることができる。

野菜の摂取が少なくなりがちなのでフルーツを多く食べるように心がけている。

 

フルーツ屋台

 

こちらは服の屋台。

パタヤでは屋台で何でも買うことができるみたい^^

なんか衝撃的だ。
多古山先輩
多古山先輩
服の移動販売なんですね。
みどりん@
みどりん@

 

洋服屋台

 

はい、これは虫です!

サソリとか蛹とかコオロギ?とか幼虫とかタガメとか羽のある小さい虫とか、、

これ、タイで食べてるんですか?
みどりん@
みどりん@
ブリジロック
ブリジロック
過去に1度だけ虫を食べたけど、小さな虫は思っているより食べやすかったよ。
なんかカリカリのエビみたいな感じだった。
ゲロゲロ、、ありえねーよ!
多古山先輩
多古山先輩

 

虫料理の屋台

 

こちらはスイーツね。

バナナパンケーキって書いてあるけどクレープだよ。40バーツ(140円くらい)

バナナとマンゴーが選べてチョコレートソースをかけて食べる甘々スイーツ。

夜遅くなると食事を終えた観光客がこのパンケーキを買って食べながらホテルに向かう姿をよく見かける。

 

バナナパンケーキ屋台

 

夜遅くに歩いていると前方に人形の塊が、、

後ろからみてると異様な感じしかない。

 

ぬいぐるみ屋台

 

横から見ると分かるのだが人形がリアカーに固定して積まれている。

ピカチュウ、キティ、リラックマ、ドラえもん、その他に猿やら熊やらカメやら、、

 

どれだけ販売するつもりなんだよ!
多古山先輩
多古山先輩
ブリジロック
ブリジロック
ほとんど売れずにそのまま徘徊してるだけかも、、
こーぺんちゃんは無いんですよね。。
みどりん@
みどりん@

 

ぬいぐるみ屋台

 

こちらではドリンクの販売をしている。

コンビニでソフトドリンクは買えるのだが、アイスコーヒーとなるとこちらで買うのがメジャーみたい。

ネスカフェのローカルアイスコーヒーが買える。

 

ドリンクスタンド

 

マッサージ屋

 

タイといえばマッサージ。

私はくすぐったいのでほとんど利用しないけど好きな人は毎日通うだろう。

日本と決定的に違うのがマッサージ屋さんの多さと価格の安さ。

マッサージ屋が何店も並んでいて区別がつかない状態で皆さん利用されていると思う。

 

マッサージ屋

 

マッサージ屋

 

パタヤのタイマッサージやフットマッサージは1時間で100~200バーツ(350円~700円くらい)

オイルマッサージで200バーツ~300バーツ(700円~1100円くらい)。

日本では最低でも3000円以上はするだろうから1/10くらいでマッサージを受けることができるの。

 

こんなに安いんですか??
みどりん@
みどりん@
ブリジロック
ブリジロック
メチャクチャ安いし本格的なのでオススメだよ!
俺はヘッドマッサージしてもらいたいな。
多古山先輩
多古山先輩

 

 

マッサージ屋

 

ビーチロードに近いほど料金が高めの観光地価格。

オススメはビーチから陸側に少し離れたセカンドロードとサードロードの間にあるソイブッカオ沿い。

おそらくこの通り沿いが利用しやすく、特に北側がコスパ最強と思われる。

 

マッサージ屋

 

パタヤのコンビニ

 

パタヤには日本と同様にコンビニが多数ある。

いや、日本以上にパタヤには密集しているので距離と店舗の割合でいえばパタヤの方が多いと思う。

店舗はセブンイレブンとファミリーマートの2種類で乱立している感じ。

 

セブンイレブン

 

ファミリーマート

 

基本的に24時間営業で日本と同様に必要なものはほとんど揃う便利な存在である。

また、暑いパタヤにおいてクーラーが効いているコンビニは、一時的な暑さしのぎとしても有難い存在である。

 

その他の店舗

 

ネイルアートの店なんかもあった。

199バーツ(700円くらい)でネイルをしてもらえるようだ。

 

ネイルアート屋

 

パタヤではコンタクトレンズを処方箋無しで購入できる。

この「TOP CHAROEN OPTICAL」はあちこちで見かける。

コンタクトレンズが必要になればこちらで直接購入可能。

 

コンタクトレンズ屋

 

タイでは日本のように病院へ頻繁に通う習慣がないので薬屋さんが多い。

特にパタヤでは乱立しているので薬に困ることはないだろう。

薬屋さんでどういった症状かをスマホの翻訳機能を使って説明するとサクッと薬をだしてくれる。

もちろん抗生物質なんかも必要ならだしてもらえる。

この薬屋さんがパタヤでの滞在を安心させてくれる。

 

薬局

 

こちらは美容室。

男性の場合カットだけだと200バーツ(700円くらい)なので日本よりも安い。

利用したことあるんですか?
みどりん@
みどりん@
ブリジロック
ブリジロック
2年前に利用した店舗では150バーツでカットしてもらえたよ。
タイ人っぽくオシャレにカットしてもらえよ!
多古山先輩
多古山先輩

 

ヘアーサロン

 

日本では見ることがないタトゥーのお店。

これもパタヤではあちこちで見かけることができ、ファッションだけでなく信仰の証でタトゥーを入れることがあるのだとか。

 

タトゥー屋

 

パタヤではお馴染みのオープンバー(バービア)。

白人のおじさま方が朝から深夜までダラダラ飲んだくれている場所だ。

ほとんどのバーにビリヤード台が置いてあり、無料か20バーツ(70円くらい)でゲームすることができる。

ビールを飲みながら他国の観光客とゲームをするとそれなりに仲良く盛り上がれるのがたまらない。

また、必ずといっていいほど音楽がガンガン流れているのも心地よい。

 

バービア

 

バービア

 

ライブバーも多く深夜遅くまでガンガン演奏している。

メジャーな洋楽が流れているのでついつい心地よくてバーに入ってしまうことがある。

 

ライブバー

 

スポーツバーも多い。

サッカーやモータースポーツが放送されている日は多くの白人がモニターに釘付けとなっている。

 

スポーツバー

 

バーの多くはタイビールを中心にタイガービールやハイネケン、サンミゲルライトといったビールも提供されている。

 

バービア

この記事を書いている人 - WRITER -
イラスト
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© ブリジロックの旅日記 , 2020 All Rights Reserved.