パタヤを中心に飛行機と東南アジアの旅行記を紹介するブログです

ダナンの移動手段はコレ!便利な配車アプリ「Grab」

2021/05/29
 
Grabバイクの乗車風景
この記事を書いている人 - WRITER -
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

ダナンの主な交通手段はタクシー。

ベトナムのタクシーではよくボッタくりのトラブルがあるので有名。

私も数年前、初めてベトナムに訪れたホーチミンで被害にあいかけた。

空港内のタクシーカウンターでホテルまで250000VND=1250円でお願いしたが、タクシーに乗ると突然若いタクシーの運ちゃんが 空港を出るのにお金が追加でいるから払えと、、

いやいや、カウンターで聞いた話しでは全てコミコミだと聞いたから払わないよって伝えると、逆切れしたのか韓国の音楽を大音量で流し、途中で車を停めて自分のジュースまで買う始末。

呆れていたけど無事ホテルまで運んでもらったのでボッタくりには合わなかった。

ベトナムのタクシー

 

ダナンで見かけた主なタクシーは3社。

まずは緑入りの車で目立っていた「マイリンタクシー」 ベトナム全土で走っているメジャーなタクシーで有名だ。

マイリンタクシー

 

次が「ビナサンタクシー」 白い車体に”Vinasun”と書いてあるのでこちらもよく見れば分かると思う。

ホーチミン、ダナンで走っているメジャーなタクシー。

ビナサンタクシー

 

最後がダナンで初めてみたタクシー会社=「ティエンサ」だ。

車体が明るい黄色なので分かりやすいと思う。

ティエンサ

 

ガイドブックやネットの情報ではマイリン、ビナサンの2社が安心と言われている。

ただ、ベトナムでは平気で嘘をついて全然異なる会社のタクシーに乗せることもあるようなので、 タクシーの特徴を把握して利用するのが大切。

ちなみにタクシーは日本と同様にメーターが一般的なので、メーターが動いているかも注意が必要。

 

便利な配車アプリ「Grab」

 

ダナン滞在中はボッタくりどころか、タクシーを一度も使うことなくすんだのだ。

では、ずっと歩いて移動していたかというとそうではない、、 配車アプリの「Grab」を利用していたのだ。

Grabアプリ

 

いわゆるウーバーと同じものだが、東南アジアではメジャーな配車アプリ。

元々はマレーシアを拠点にサービスが開始され、東南アジアに拡大した自動車配車アプリ。

現金による支払いだけでなく、クレジットカードに紐づけしたGrab Payで支払うこともできるのでキャッシュレス決済が可能となっている。

現在はシンガポール、インドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム等、多くの国でも利用可能となっている。

アプリ自体は海外でもダウンロード可能だが、初回登録時に電話番号での確認が必要になるため予め国内でインストールしておいた。

 

「Grab」の使い方

 

「Grab」のアプリを起動するとホーム画面が現れる。 主に使用したのが「Bike」だ。

複数人数なら「Car」を利用したが、一人なら安くて移動に便利な「Bike」がオススメ。

 

Grabアプリ

 

「Bike」を選択するMAPが表示され、”どこ”から”どこ”に行きたいかを指定する。

ちなみに「GrabBike」が近くにいれば写真のように分かるようになっていて、利用した時は5台のバイクが近くにいたようだ。

Grabアプリの使い方

 

今回は今いる場所から「Bamboo2 Bar」までを予約してみた。

目的地までの経路もMAPに表示され、金額もその時に決まって表示されている。

「GrabBike」だと23K=115円、「GrabCar]」だと49K=250円となる。

 

Grabアプリの使い方

 

「GrabBike」を選択し画面下側の”Book”を押すと近くにいる「GrabBike」がこちらに向かってくる。

ドライバーの名前や評価、バイクのメーカー、車種も分かるので安心だ。

Grabアプリの利用画面

 

ドライバーからGrabのヘルメットを渡されるので頭にセットし後はバイクに乗るだけ。

ドライバーの携帯にも目的地と経路が表示されているので会話を交わす必要が全くないのだ。

お互い英語が苦手な場合は最高のアプリとなる。

(*・∀・)b Good!

Grabバイク

 

実際に乗るとこんな感じになる。

40~50kmのスピードで走るため、慣れないうちは多くのバイクや車と並走することにスリリングを感じたが、何度か利用していると慣れてくるものである。

Grabバイク

 

目的地に到着するとドライバーが携帯の画面を見せてくるので、表示されている通り金額を払えばOK。

一切ボッタくりの心配はなく、むしろ安すぎるので少し多めに払うと毎回必ず笑顔でサンキューと言ってくれた。

Grabバイク

 

こちらの携帯にも金額が通知されるようになっているので安心。

 

Grabアプリ明細画面

 

「Grab」の素晴らしいところはこれだけではない。

降車後にドライバーの評価ができるようになっているのだ。

この評価を見て利用者はドライバーを決めることができるので、今後の商売に直接影響するためボッタくりをしようと思わないのである。

とても良くできた素晴らしいシステムだと思う。

 

Grabアプリ評価画面

 

まとめ

私が今回利用した「GrabBike」は10回以上。

全て良心的なドライバーで被害は全くなかった。

宿泊先のビーチ沿いホテルから市内中心まで150円ほどと格安で利用することができるので、何度も市内中心へ足を運んだ。

もし歩くとすれば1時間弱はかかるだろうし、タクシーだと倍以上の価格になることを考えると活用しない理由が見当たらない。

ダナンだけでなくベトナムへ訪れた際は是非便利な「Grab」を活用してほしいと思う。

この記事を書いている人 - WRITER -
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ci159 Fly to Thailand and … , 2020 All Rights Reserved.