パタヤを中心に飛行機と東南アジアの旅行記を紹介するブログです

彦根城に行ったら進行役のおねーさんが凄かった!

2021/04/09
 
ひこにゃん
この記事を書いている人 - WRITER -
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

第4波が到来している現在、大阪は感染者数が4桁目前となっている。

一年前に発出された「緊急事態宣言」の時よりも状況は悪化してきているが、

さすがに自粛要請だけでは限界があるのかもしれない。

今後、どのようになっていくのだろうか、、、

さて、今回は3月に訪れた彦根城を紹介する。

何故、彦根城に行ったのか??

それは、アレ を見に行くため。

彦根駅

 

彦根駅まで大阪駅から新快速に乗って1時間30分。

目的地の彦根駅に到着。

JR彦根駅

 

彦根駅はそれほど大きな駅舎ではないけど、

駅周辺はとても綺麗に整備され、観光地として人気の高さが伺える。

JR彦根駅

 

街を巡回しているバスにも人気物が描かれている。

コンパクトなバスの色合いとデザインがとても似合っている。

(*・∀・)b Good!

ひこにゃんが描かれたバス

 

彦根城

 

彦根城へは駅から徒歩15分程で到着する。

途中、井伊直弼の歌碑なんかもあったりする。

歴史を感じる場所が多いのも観光地として魅力の一つ。

井伊直弼の歌碑

 

彦根城へ入るにはチケットカウンターで入城券を購入する必要がある。

大人は800円、小学生・中学生は200円

尚、料金には玄宮園の入園料も含まれている。

彦根城の入城券

 

訪れた3月下旬はちょうど桜が綺麗に咲いていた。

内堀沿いの桜並木がとても綺麗で、多くの観光客が写真撮影を楽しまれていた。

写真は本丸に咲いていた桜。

彦根城の桜

 

彦根城の一番高い場所にある立派な天守。

3階3重の屋根で構成され、夜間はライトアップされているとのこと。

日中でも綺麗な青空に映えますね♪

彦根城の天守

 

彦根城からの眺めは彦根の街並みと琵琶湖。

自然も多くバランスよく景色を堪能することができる。

彦根城からの眺め

 

天守

 

天守には無料で入ることが可能。

訪れた時は平日の日中ということもあり、かなり空いていた。

写真ではお伝えできないのだが、この天守の階段がメチャクチャ急な傾斜になっている。

今までに体験したことがないようなレベルの傾斜で、ほぼ垂直に上るような感覚。

※Youtube動画で公開しているので是非危険な角度の階段を見てほしい。

多くの高齢者が愚痴と文句を言いながら渋々階段を上り下りしていたのが印象的だった。

手すりこそあるものの、踏み外せば大怪我になること間違いなし。

階段以外はいたって普通である。

歴史を感じることができる素晴らしい天守である。

彦根城の天守内部

 

ひこにゃん

 

彦根城に来れば必ず出会いたい人気者「ひこにゃん」

ゆるキャラでは絶大な人気を誇っているが、

私は今までに動いているゆるキャラに出会ったことがないのだ。

松山駅で直立不動の「バリィさん」は見たことがあるが動いてはいなかった。

【関連記事】「四国満喫きっぷスペシャル」

彦根城の入口やSNSで「本日のひこにゃん」としてスケジュールが公開されている。

今回は13時30分の「彦根城天守前」を観る予定。

ひこにゃんのスケジュール

 

ショーの会場となる天守前には6分前に到着。

なんとなくで間に合うかな、、と思ってたら、ほぼジャストだった。

会場が天守前なので、「ひこにゃん」が天守から出てくるのかな??とか考えてると、

進行役のおねーさんが

「普通に歩いて出てきます!!」

とハッキリ皆さん説明されていた www

売店横の扉からもう一人のおねーさんに連れられてゆっくり会場まで歩いてきた。

彦根城とひこにゃん

 

30分のショーではあるが前半は撮影タイム、中盤から後半にかけては皆さんとのふれあいや、

〇×クイズ?のような流れで進んでいたみたい。

そもそも「ひこにゃん」は話すことができず、そして、表情も作ることができないのだ。

「しぐさ」と「動き」が全てなのだ。

となると、観に来ているお客さんとのやりとりは全て進行役のおねーさんにかかっている

いかに「ひこにゃん」というキャラを引き立たせるかは進行役のおねーさん次第である

「ひこにゃん」がフリーズしても、進行役のおねーさんがフォローして笑いにつなげれば正解なのである。

たしかに「ひこにゃん」は愛嬌があって人気があるのは納得できる。。。

しかし、その「ひこにゃん」の魅力を引き出しているのは紛れもなく進行役のおねーさんである。

間違いない。

進行役のおねーさんが凄いのである。

※公開しているYoutube動画を見ていただければ分かると思います^^

(*・∀・)b Good!!!

ひこにゃん

 

玄宮園

 

入城料に含まれている「玄宮園」

なんだかよく分からないけど、料金に含まれているなら覗いてみるか、、

「玄宮園」は江戸時代前期に作庭された大規模な池泉回遊式庭園、、だそうです。

大小4つの中島が築かれて雰囲気が良い庭園である。

訪れる季節によって様々な表情が楽しめそうな感じ。

玄宮園

 

人工的に作られた部分と自然を一緒に堪能できるのもイイですね♪

(*・∀・)b Good!

玄宮園の木々

 

玄宮園の隣には「ご城下にぎわい市」という大きなお土産屋さんもあります。

お客さんが少ないので”にぎわい”より”寂しさ”が漂っている。。

彦根城のご城下にぎわい市

 

彦根城を後にして向かったのはバームクーヘンで有名な「クラブハリエ」さん。

隣には和菓子の「たねや」さんが。

車で買いに来るお客さんも多く人気が伺えます。

彦根のたねやとクラブハリエ

 

まとめ

 

・彦根駅周辺は観光地として綺麗に整備されている

・彦根城へ向かう途中には歴史を感じる井伊直弼の歌碑がある

・「ひこにゃん」の愛嬌ある姿としぐさから人気の高さが納得できる

・ショーの進行役のおねーさんはレベルが高く「ひこにゃん」の魅力を上手く引き出している

※ブログでは伝えきれない様子を動画で公開しています。

【Youtube動画】「彦根城に行ってみた」

 

初めて彦根城へ行ってみたが、思っていた以上に楽しめる場所であった。

メインはもちろん「ひこにゃん」のショーになると思うが、30分の短時間でも満足できる内容である。

天守の危険な角度の階段と周囲の眺め、落ち着いた雰囲気の「玄宮園」、、

高齢者だけでなくお子さん連れの家族やデートスポットとしてもオススメである。

彦根城の近くには「夢京橋キャッスルロード」でカフェや食事を、

「4番町スクエア」という雰囲気の異なる場所ではショッピングも楽しめる。

お土産は「クラブハリエ」や「たねや」で購入するのもイイと思う。

日帰りでふらっと行けるレベルの規模なので、

是非、週末や祝日を利用して彦根城へ訪れてみてはいかがだろうか。

この記事を書いている人 - WRITER -
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ci159 Fly to Thailand and … , 2021 All Rights Reserved.