パタヤを中心に飛行機と東南アジアの旅行記を紹介するブログです

【宿泊してみた】JR九州ホテル小倉

 
JR九州ホテル小倉の外観
この記事を書いている人 - WRITER -
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

「みんなの九州きっぷ」を利用して九州を鉄道で巡る旅。

その旅に必要になるのが宿泊先。

今回紹介するおすすめの宿泊先は、

JR小倉駅から徒歩2分の場所にある「JR九州ホテル小倉」さん。

以前宿泊した「JR九州ステーションホテル小倉」さんは

JR小倉駅に直結している立派なシティホテルに対して、

「JR九州ホテル小倉」さんはリーズナブルなビジネスホテルというのが率直な感想。

【関連記事:「JR九州ステーションホテル小倉」に泊まってみた

 

JR九州ホテル小倉の外観

 

客室

 

今回宿泊した部屋はスタンダードシングル。

部屋の広さは13㎡で一般的なビジネスホテルといった感じだ。

室内のデザインもシンプルにまとめられている。

壁かけになっている液晶テレビは32インチでシングルの部屋では十分な大きさ。

左右の向きを変えることができるため、

ベッドで寝ながら視聴する場合と、椅子に座って視聴する場合、

それぞれ最適な角度で視聴することが可能だ。

 

JR九州ホテル小倉の客室

 

木目で明るい色のデスクはノートPCで作業するにも十分な広さ。

電源コンセント、電話、電気ケトル、カップ、デスクライトが置いてあり、

足元には冷蔵庫が設置されている。

必要最低限の物がコンパクトにまとめられている。

エアコンは富士通ゼネラルのノクリア。

新しいモデルで空調の効き目はバッチリだ。

(*・∀・)b Good!

 

JR九州ホテル小倉の客室

 

ベッドサイドには電源コンセント、時計、ライトコントロール、アラームが一か所にまとまっている。

残念ながらUSBコンセントは装備されていなかった。

 

JR九州ホテル小倉のベッドサイド設備

 

バスルーム

 

バスルームはシンプルなユニットバス。

広くもなく狭くもなく、、といったスタンダードサイズ。

綺麗に清掃されているため汚れなどはなかった。

 

JR九州ホテル小倉のバスルーム

 

トイレ自体は少し前のモデルと思われるが、

ウォシュレットはリモコンが壁に設置されているので

新しいタイプと思われる。

 

JR九州ホテル小倉のウォシュレットリモコン

 

ヘアドライヤーは安定のパナソニック製。

アメニティは歯ブラシだけ標準で置いてあり、

他のアメニティは必要な物をフロントから持っていくようになっている。

※コットン、ヘアブラシ、髭剃り、シャワーキャップ、綿棒等、、

 

JR九州ホテル小倉のヘアドライヤー

 

窓からの景色

 

窓からの景色がこのホテル最大のポイントだと思っている。

JR小倉駅近くの線路沿いにホテルが建っているので、

チェックインの際、もしかしたら、、と思い、

新幹線が見える部屋を希望してみた。

アサインされた部屋は最上階11階の角部屋1112号室。

 

JR九州ホテル小倉のフロアマップ

 

宿泊した部屋からはJR小倉駅の新幹線ホームと、

新幹線の発着を斜め下に見下ろすことができる鉄道ファンにはたまらない眺め。

※チェックインの際、部屋の調整をして下さった新幹線好きの男性従業員さん、、感謝です!!

(*・∀・)b Good!!!

 

JR九州ホテル小倉からの景色

 

地図

 

「JR九州ホテル小倉」さんの場所を載せておく。

チェックイン:15:00

チェックアウト:10:00

※朝食サービスは2020年9月現在提供が中止されている。

まとめ

 

・JR小倉駅近くでコスパの高いホテル。

・価格がリーズナブルである理由は、何かが足りない訳ではなく全てがシンプルだから。

・32インチの液晶テレビは左右に角度を変えることができて便利!

・客室の窓から新幹線の発着とホームを眺めることができる。※部屋によって眺めは異なる。

 

JR小倉駅周辺には多くのホテルあるが、

駅から近場でリーズナブルに宿泊したい方には特にオススメ。

飲食店が多い在来線側の南口とは対照的にホテルがある北口は少し寂しい感じもするが、

小倉駅構内にはコンビニや飲食店が多いため、

ホテルに向かう前に利用すれば問題なし。

「みんなの九州きっぷ」を利用して小倉駅から早朝の列車に乗車する場合、

特にオススメしたいホテルだ。

ホテルをチェックアウトした数分後には、

JR小倉駅ホームで気持ちよく旅のスタートをきることができるだろう。

この記事を書いている人 - WRITER -
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ci159 Fly to Thailand and … , 2020 All Rights Reserved.