パタヤを中心に飛行機と東南アジアの旅行記を紹介するブログです

台北経由も快適!チャイナエアラインでタイへ

2021/05/23
 
関西空港に駐機中のci159
この記事を書いている人 - WRITER -
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

このブログのタイトルにもなっているci159。
私が数年前から東南アジアへ一人旅に行くようになってから安い価格で乗り継ぎ時間も短く、滞在時間も長く便利なエアラインとしてよく利用していたチャイナエアライン。

 

 

チャイナエアライン     

 

チャイナエアライン(中華航空)と聞くと中国の航空会社と思われる方もいると思うが台湾の航空会社である。

中国によく似た航空会社でエアチャイナ(中国国際国空)がある。

紛らわしく感じるが別の航空会社だ。

 

チャイナエアラインのエアバスA330-300

 

チャイナエアライン(中華航空)は航空会社のアライアンスでスカイチームに属している。

スカイチームはデルタ航空やベトナム航空、大韓航空、中国東方航空、ガルーダ・インドネシア航空、KLMオランダ航空、エールフランス航空、アリタリア航空等、、、19社が加盟している。

チャイナエアラインは台湾がハブ空港になるため日本からは基本的に台湾へ向かうフライトとなる。

では、東南アジアへ向かうのに何故わざわざ台湾経由をするのか、、

その理由が下記の通りである。

①価格が安い

②台湾での乗り継ぎが1時間~2時間と短い

③日本から台湾へのフライト数が多いこと(関西空港から台北には一日4便のフライト)

④東南アジアへのフライトが多いこと

⑤関西空港からは大型機材でのフライト(エアバス330-300、350-900、ボーイング777-300ER) ※台北以外の台中や高雄はナローボディの小型機

 

機内サービス     

 

チャイナエアラインで一番多く飛んでいるエアバス330-300はエコノミークラス、ビジネスクラスの2クラス。

エコノミークラスの座席は2-4-2のアブレスト

ビジネスクラスの座席は2-2-2のアブレスト

座席にはヘッドレストが装備され、クッション、ブランケットが置かれている。

機内での主なサービスはアルコール類を含むドリンクサービス、機内食、機内エンターテイメント(映画、ゲーム等)、免税品販売

座席は国際線の標準的なシートピッチだが、モニターがやや残念。

エアバス330-300には古いタイプと新しいタイプの2種類があり、新しいタイプにはモニターサイズが8インチ程と少し大きくUSB電源も備わっている。

写真の古いタイプはモニターサイズが小さく、画質も良くないので改善してほしいところだ。

 

チャイナエアラインのエアバスA330ー300の機内

 

チャイナエアラインのエアバスA330-300のパーソナルモニター

 

こちらは新しいタイプのパーソナルモニター

少しワイドになりサイズも大きくなっている。

 

チャイナエアラインのエアバスA330-300のパーソナルモニター

 

機内食     


チャイナエアラインの機内食はボリュームがあり、日本人の口にも合うと評判である。

関西空港から台湾へフライトの場合、

エコノミークラスは2種類から選択、ビジネスクラスは3種類からの選択となる。

エコノミークラスの機内食はメイン、サラダ、フルーツ、パン、デザートの組み合わせ。

メインは2種類から選択、それ以外は共通となっている。

ci159     

 

関西空港から台北までci159の機内食

ビーフを選択してサーブされたすき焼き風のメイン。


チャイナエアラインci159の機内食

 

別の日、こちらはシーフードを選択してサーブされた海鮮丼

 

チャイナエアラインci159の機内食

 

更に別の日、ポークを選択してサーブされたポークハンバーグ。

バターライスは味付けが濃いめなのでビールとの組み合わせが丁度よいかも。

 

チャイナエアラインci159の機内食

 

ci835     

 

こちらは台北からタイのスワンナプーム空港へ向かうci835の機内食

フィッシュを選択してサーブされたフィッシュフライのあんかけ風、、だったと思う。

チャイナエアラインci835の機内食

 

別の日、こちらはチキンを選択してサーブされた台湾風のピリ辛味付けのかぼちゃとチキンの炒め物

 

チャイナエアラインci835の機内食



プレミアムエコノミーの座席     

 

日本から台北、台北からタイのフライト間のはエコノミークラスとビジネスクラスしか設定がなく、

運行機材によってはプレミアムエコノミーの座席がエコノミークラスに開放されている。

対象の機材はボーイング777ー300ER、エアバスA350-900

 

画面サイズが10インチ以上あり、シェル型シートのためリクライニングをしても後ろの座席に全く影響がないのが特徴。

もちろんシートピッチ、座席幅も広いため快適に過ごすことができる。

エコノミークラスで搭乗した場合、機内食やサービスはエコノミークラスと共通となる。

 

ボーイング777-300ER     

 

チャイナエアラインB777-300ERのプレミアムエコノミー席

 

ボーイング777ー300ERの座席はエコノミークラス3-4-3のアブレストに対して、

プレミアエコノミーは2-4-2-のアブレスト。

ビジネスクラスは1-2-1のアブレストとなっている。

 

チャイナエアラインB777-300ERのプレミアムエコノミー席

 

機材自体もまだまだ新しく、長距離路線用に導入されている機材のため、

エアバス330-300と比較すると設備が明らかに違う。

 

チャイナエアラインのプレミアムエコノミー席

 

エアバスA350-900     

 

エアバスA350-900の座席はエコノミークラス3-3-3のアブレストに対して

プレミアムエコノミーの座席は2-3-2のアブレスト

ビジネスクラスは1-2-1のアブレスト

 

チャイナエアラインA350-900のプレミアムエコノミー席

 

木目調のデザインがオシャレ。

ドリンクホルダーが装備され、ひじ掛けに小さなテーブルがある。

エコノミークラスの価格で利用できる場合はとてもお得感がある。

 

チャイナエアラインA350-900のプレミアムエコノミー席

 

パーソナルモニターはスマートフォンのようにタッチパネルでサクサク操作可能。

最新の映画だけでなく、旧作の映画もかなり多く収録されており、見ごたえ十分である。

 

チャイナエアラインA350-900プレミアムエコノミーのパーソナルモニター

 

地図も3Dで表示され、いろいろな見方が出来るのも楽しい。

 

チャイナエアラインA350-900の3Dフライトマップ

 

まとめ     

 

関西空港から台北まで約3時間、台北からタイのスワンナプーム空港まで約3時間30分。

乗り継ぎ時間の2時間を含めてもタイには夕方5時頃に到着するため、当日の夕食、お酒を現地でのんびり楽しくことができる。

パタヤへ行く場合、ci159、ci835を利用すれば夜20時頃にはホテルのチェックインも可能だ。

機内で美味しい機内食、映画を楽しみながらタイへ向かうにはチャイナエアラインがオススメ。

価格も日系の直行便より安く設定されているためコスパも高く感じるだろう。

是非、チャイナエアラインの利用を検討してみてほしい。

この記事を書いている人 - WRITER -
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ci159 Fly to Thailand and … , 2019 All Rights Reserved.