パタヤを中心に飛行機と東南アジアの旅行記を紹介するブログです

2021年1月は九州か四国か、、

 
みんなの九州きっぷ2021
この記事を書いている人 - WRITER -
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

年が明けて10日以上が過ぎたが、多くのテレビから流れてくる言葉はコロナウイルスと大雪。

一都三県は緊急事態宣言が発出され、関西3府県でも発出されている状況。

追い打ちをかけるように新しい変異種が発見されて感染力が強まる恐れがあるとか、、

昨年の夏ごろは年末には海外旅行へ行けるようになるかなーと気軽に考えていたが、

結果的には全くもって行ける状況になかった。

それよりも感染拡大してるし状況が悪くなってきてる。

なんなら目的地のタイのパタヤも今になって爆発的な感染拡大でロックダウン状態。

2021年、、今年も短期海外旅行は無理かもしれない。

もし日本が落ち着いても、タイでは簡単に入国規制を緩めることがないだろう。

いや、全く不可能というわけではないのだが、

時間とお金、大きなリスクを抱える覚悟があれば可能。

※入国後15泊16日のホテル隔離、陰性証明書の取得、10万米ドル以上の治療費をカバーする保険加入等、、

そもそも、渡航先では多くのお店が閉まって楽しむ雰囲気ではないだろう。

例えワクチン接種が始まっても当面は効果の様子をみながら、

少しづつ時間をかけて2021年のニューノーマルが作られていくではず。

となると海外旅行は2022年、もしくは最短でも2021年の年末くらいだろうか。

なので、2021年も鉄道の旅を中心にブログでお伝えしていこうと思うわけで、

とりあえず昨年利用した九州と四国のお得なきっぷを調べてみた。

 

みんなの九州きっぷ

 

2020年は2回利用して九州を3周したJR九州の人気企画切符。

途中からHKT48とのコラボで「みんなの九州プロジェクト」も始まり、

私のブログやYoutube動画のアクセスにも追い風となった有難い企画である。

当初2020年12月27日で終了予定だったが、2021年3月28日まで延長された。

ただ、延長するかわりに販売価格が値上がりしている。

全九州版は10,000円→12,000円、北部九州版は5,000円→6,000円。

まぁ、値上がりしても十分お得なきっぷであることに間違いはない。

例えば、博多駅から大分駅まで特急ソニック号の指定席を利用すれば片道5千円以上はするため、

往復するだけで北部九州版の6,000円の元は十分とれるという凄さ。

ちなみに、指定席は6回まで使用できるという、、、ありえない価格設定。

 

販売価格・利用期間

 

九州新幹線・在来線特急が2日間乗り放題「みんなの九州きっぷ」

発売期間:2020年12月23日~2021年3月24日

利用期間:2021年1月9日~2021年3月28日

販売価格:全九州版12,000円(子供2,000円)、北部九州版6,000円(子供1,000円)

※土日祝日で連続する2日間が有効期間

注意!:利用日の3日前まで販売のため、利用当日は購入不可

例)1月23日(土)~24日(日)利用の場合は1月20日(水)が購入できる最終期限となる。

詳しくはJR九州のHPで確認を

【みんなの九州きっぷ】https://www.jrkyushu.co.jp/train/minnnanokyushu/

みんなの九州きっぷ2021

※画像はJR九州のHPより

【関連記事】みんなの九州きっぷ1回目

【関連記事】みんなの九州きっぷ2回目

写真は883系「青い特急ソニック号」

883系特急ソニック1号

 

写真は観光列車「ゆふいんの森」

全車指定席の特急列車にも乗車できるのが魅力。

特急ゆふいんの森

 

四国満喫きっぷスペシャルプラス

 

こちらはJR四国の乗り鉄用の切符。

JR四国の特急列車にひたすら乗車してみようと思って2020年に利用。

国鉄時代に作られた特急剣山(キハ185系気動車)や最新の8600系や2700系等、個性的な車両が多く走っている。

3日間で乗車した列車は17本25時間以上、乗車距離にいたっては1735.9kmと改めて四国の広さを体感することができた。

【関連記事】四国満喫きっぷスペシャル】を利用してみた結果」

 

ちなみに、2020年に販売された切符は「四国満喫きっぷスペシャル」、現在は”プラス”になっている。

プラスになっているのは選べる特典orクーポン券以外に販売価格。

2020年に利用した際は8,000円だったが現在は2500円UPの10,500円。

それでもかなりの安さ。

例えば高松駅から松山駅まで特急列車自由席の片道で5,760円、往復すれば11,520円で元がとれる計算。

3日間利用しなくても1日だけでの利用でも全然使える切符である。

 

販売価格・利用期間

 

在来線特急が3日間乗り放題「四国満喫きっぷスペシャルプラス」

・JR四国全線、土佐くろしお鉄道、阿佐海岸鉄道線、ジェイアール四国バスの路線バスにも3日間乗り降り自由

※特急列車は自由席のみ利用可能。

ポイントは土日祝日を1日以上含む3日間の利用可能

例えば土、日、月の組み合わせや、木、金、土の組み合わせ等、平日を絡めて利用することができる。

→みんなの九州きっぷは土日祝日の連続2日間、四国満喫きっぷスペシャルプラスは土日祝日を1日以上含む連続3日間。

発売期間:2020年10月1日~2021年1月23日

利用期間:2020年10月8日~2021年1月31日

販売価格:10,000円(みどりの窓口)、子児3,000円

詳しくはJR九州のHPで確認を

【JR四国】https://www.jr-shikoku.co.jp/

 

四国満喫きっぷスペシャルプラス

※画像はJR四国のHPより

写真は2700系「特急南風」アンパンマン塗装車両(黄色)

2700系アンパンマン列車の特急南風

 

写真は8600系「特急いしづち」

8600系の特急いしづち号

 

まとめ

 

JR九州、JR四国、いずれも2日~3日間連続するお得な切符を継続して販売している。

これは明らかにコロナの影響による鉄道利用を含む観光業界の低迷に対して投じた企画である。

コスパの良さは間違いなく、実際に利用したお客さんも多いはず。

私もその中の一人である。

本来であれば2020年12月で終了するはずが現在も利用可能となっている。

緊急事態宣言が発出されている現在、利用をためらうことはあるが、

個々が正しく恐れて感染予防を徹底し、観光業界を応援しようとの思いで利用する分にはアリだと思う。

行動を自粛することも大切だが、それ以上に感染予防を徹底していないことがNG。

もちろん体調が悪化している状態であれば自粛するのは当然。

単独行動で且つ話す機会が限りなく少ない鉄道一人旅はベストな旅だと思う。

年が明けて1月も半ば、そろそろ動きだそう。

この記事を書いている人 - WRITER -
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ci159 Fly to Thailand and … , 2021 All Rights Reserved.