タイのパタヤを中心に東南アジアを一人で旅をする旅行記ブログです

【タイ】プーケットのローカルレストランで「ポークステーキ」と「豚骨ラーメン」

 
ポークステーキ

この記事を書いている人 - WRITER -
イラスト
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

 

帰国して3日目。既にパタヤの記憶が薄れつつある。

1週間前はまだベトナムのダナンに滞在中。

パタヤを離れたのは5月9日、、気がつけばもう10日も過ぎていた。

そりゃ記憶が薄れていくわけだ。

動画編集とブログ作業で写真や撮影映像を確認しているが、もう数ヶ月も前のように感じる。

パタヤへ向かうまでの”高揚した気持ち”が帰国と同時に”無”になってしまう。

いや、帰国前のスワンナプーム空港に着いた時点で心はタイから離れて現実を受け入れようとしている。

そして帰国後、現実の世界で次の旅に向けて「agoda」「スカイスキャナー」と睨めっこの日々が続く。

この無限ループを今後数十年続けていくことになるのだろう。

パタヤがパタヤである限り永遠に続く終わりなき旅である。

さて、今回のブログはプーケット滞在中に訪れたローカルレストランを2軒紹介する。

 

Nai Tong

 

最初に紹介するローカルレストランはパトンエリアの少し奥にある「Nai Tong」

パタヤでもよくある「タイ料理」と「洋食」を提供しているお店。

お店はオープンレストランで通り沿いにはカウンターが設けられている。

 

レストラン「Nai Tong」の外観

 

店内に入るといかにもローカルレストランらしい雰囲気。

料理の写真が大きく貼り出されている。

言葉が通じなくても指差しで選ぶことができるので安心。

 

レストラン「Nai Tong」の店内

 

店内ではフリーWiFi。

このようなローカルレストランでもフリーWiFiはごく一般的なもの。

印字が薄くて分かりにくいが、フードパンダやGrabなどのフードデリバリーサービスにも対応している。

実際、筆者が訪れた時も数名のドライバーが料理をピックアップしに来ていた。

なかなか人気店のようだ。

 

レストラン「Nai Tong」の店内

 

タイのローカルビール(シンハ、チャン、リオ)は各60バーツ。

ペットボトルのお水は10バーツ、コーラ、スプライト、ファンタは各20バーツ。

 

ドリンクメニュー

 

フルーツシェイクもあった。

マンゴーとストロベリーは49バーツ。

バナナ、パイナップル、スイカ、レモンは45バーツ。

プーケットでローカル価格ならこれくらい。45バーツ=180円。

パタヤよりは少し高いが日本人からすると安く感じる。

(・∀・)イイ!!

 

フルーツシェイクメニュー

 

店内にはお店の方が飼っている猫がウロウロしていた。

時より足元にまとわりついてくるので目を向けると可愛い声でニャーと鳴かれる。。

おぉ、、可愛いのぉ。

筆者はパグが大好きだが、猫の可愛さもよく分かっている。

結局、このあと飼い主に連れられて家の中へ戻されていた。

 

レストランの猫

 

場所

 

場所はパトンビーチから徒歩20分弱くらい。かなり離れている。

筆者が宿泊していたホテル「Sawaddi Patong Resort & Spa by Tolani」からは徒歩3分ほど。

ビーチロード沿いのホテルから訪れる必要はないが、周辺のホテルに滞在してるなら利用価値が高い。

・営業開始 11時30分

・営業終了 22時30分

・定休日:日曜日

 

 

ポークステーキ

 

タイ料理をメインに扱っているが、店先で気になったのはポークステーキ。

料理そのものより69バーツという価格だ。

ヾ(*´`*)ノ゛キャッキャ

69バーツ、、日本円で約280円。物価の高いプーケットではかなり安い。

他にチキンステーキ69バーツ、フィッシュステーキ89バーツなど。

メニューの写真を見る限りなかなかボリュームがありそうだ。

 

「Nai Tong」のステーキメニュー

 

注文をしてサーブされたポークステーキがコチラ。

おぉ、写真に偽りのないボリューム満点のポークステーキだ。

ナイフとフォークが標準サイズなので比較すれば料理の大きさが分かるだろう。

ポークステーキ2枚、ソース、フレンチフライ、サラダ。

この内容で69バーツは十分じゃないでしょうか。

いや、パタヤにあれば数日おきに通いたくなるレベルだ。

(・∀・)イイ!!

 

ポークステーキ

 

実は2日後の夜も訪れていた。

ポークステーキはあまりパサパサしてなくて食べやすい。

ソースとの相性も良い。このお店はリピート確定。

この一皿とビールがあれば素晴らしいディナーの完成だ。

ちなみにビアリオとポークステーキの組み合わせでも129バーツ。

日本円で約520円。安いなー。

 

ポークステーキ

 

ガパオライス

 

ポークステーキ以外にタイ料理も注文してみた。

みんな大好きガパオライスだ。

ポーク(ムーサップ)を注文したつもりがチキン(ガイ)らしき具材になっていた。

まぁいいか。美味しそうだからそのままいただく。

味付け、ボリューム、申し分ないレベル。うん、美味しいね。

目玉焼き(カイダーオ)を付けて70バーツ。日本円で280円

 

ガパオライス

 

フライドライス

 

別の日に訪れてフライドライス(カオパット)を注文する。

カオパットの具材にはツナやチキン、ポークが50バーツ、エビ、イカは60バーツ。

50バーツ(200円)ならパタヤとほぼ同じ価格帯。

 

レストラン「Nai Tong」のフライドライスメニュー

 

タイ料理のカオパットムー(ポーク)50バーツ。

味付け、ボリューム、こちらも申し分ないレベル。

安定のカオパット。こっちも美味しいね。

コチラのお店は地元の方だけでなくファランの常連客もいたようで、やはり人気店と思われる。

ステーキはもちろん、タイ料理もリーズナブルでかなり美味しい。

(・∀・)イイ!!

 

フライドライス

 

Homemade Steak & Ramen

 

続いて紹介するお店は「Homemade Steak & Ramen」

小さい頃、大阪で「ラーメン&カレー」なるお店があったのを思い出した。

ラーメンとカレー、、日本の炭水化物最強タッグである。

タイではステーキとラーメン、、これまた素晴らしい組み合わせに思える。

( ´ ▽ ` )

最近ハマっている「ポークステーキ」と日本の「ラーメン」を一緒に味わうことができる。

タイ語だけでなくカタカナで「ラーメン」の文字も見える。

しかも69バーツから、、

 

Homemade Steak&Ramen

 

店内は椅子とテーブルが綺麗に並べられたローカルレストラン。

客はファランが2組だけ。

壁には提供されている料理の写真がセンスよく描かれている。

安っぽくない雰囲気で良さそうだ。

(・∀・)イイ!!

 

Homemade Steak&Ramenの店内

 

店の奥には暖簾まである。

「美味しい」という文字が微妙に怪しいが、料理人の顔立ちはなんとなく日本人にも見える。

はて、、日本人経営のお店なのか??

 

Homemade Steak&Ramenの店内

 

メニューを見せてもらうとステーキ、ラーメン以外に多くの日本食があるではないか。

鰻丼170バーツ、チキンカツカレー120バーツ、ポークカツカレー130バーツなど。

日本食にしてはそこまで高くないかも。

カレーは気になるなー。

 

Homemade Steak&Ramenの日本食メニュー

 

親子丼105バーツ、カツ丼115バーツ、牛丼125バーツ、、

カレーだけでなく丼もののラインナップもなかなか良さそう。

 

Homemade Steak&Ramenの丼メニュー

 

場所

 

お店の場所はコチラもパトンビーチから20分ほどとかなり離れている。

バングラ通り、ソイサンサバイを通り抜けてもう一本奥の通りを左に少し進んだ場所にある。

・営業開始 11時30分

・営業終了 21時00分

・定休日 水曜日

 

 

ブラックペッパーポークステーキ

 

いろいろな日本食があるが、とりあえずお店の目玉「ステーキ」を食べたい。

他のお店と比較しやすように「ブラックペッパーポークステーキ」110バーツにする。

チキンステーキだと79バーツとかなり安くなる。

 

Homemade Steak&Ramenのステーキメニュー

 

サーブされた料理がコチラ。

大きなポークステーキ1枚、フレンチフライ少々、サラダ、ソース、ミニガーリックトースト半分。

コチラのお皿もかなり大きいため、ポークステーキはそこそこのデカさ。

この内容で110バーツ、日本円で約440円だ。

ステーキは程よい厚みでソースとの相性も悪くない。

フレンチフライをもう少しほしいところだが、ガーリックトーストでカバーしている感じ。

ボリュームは最初に紹介した「Nai Tong」の方が上かな。

 

ブラックペッパーポークステーキ

 

豚骨角煮ラーメン

 

このお店のメインはステーキだけではない。

日本食の定番とも言えるラーメンも種類が豊富だ。

醤油、味噌、豚骨というラインナップ。塩は無いみたい。

写真には半熟卵?とチャーシューもトッピングされて美味しそうだ。

今回は豚骨角煮ラーメン99バーツ(約400円)を注文してみた。

 

Homemade Steak&Ramenのラーメンメニュー

 

少し待ってサーブされた豚骨角煮ラーメンがコチラ。

半熟卵と思っていたが実際はゆで卵だった。

チャーシューは薄いけど味は美味しかった。

スープの味はたしかに豚骨。うん、豚骨味ね。

が、もう少し濃くや深みがほしいところ。

見た目はそれっぽいが残念ながら熱々ではなくスープがぬるい。

、、(´・ω・`)

コレはタイのラーメン屋でよくある違和感だ。

で、肝心の麺はインスタント麺に近いかな。。

まぁ、タイで食べる日本のラーメンはこんなもんでしょう。

そもそも99バーツで日本のラーメンを期待してはいけない。

「日本風ラーメン」が正しいような気がする。

会計の際、料理人に日本人ですか?と聞いたところタイ人との回答。

なるほど、、納得しました。

 

豚骨角煮ラーメン

 

まとめ

 

※後日、動画を公開予定です。

今回はプーケットのパトンエリアで訪れたレストランを2ヶ所紹介した。

いずれも「Saeaddi Patong Resort & Spa by Tolani」滞在中に訪れたお店だ。

パトンビーチからだとかなり遠くなってしまうが、ホテルから徒歩数分の場所ということもあって利用してみた。

どちらのお店もポークステーキはまずまず。

ボリュームを考えると最初に紹介した「Nai Tong」の方が間違いなくコスパが高い。

また、タイ料理とスパゲッティなどの洋食も提供されているので、いろいろな料理を楽しむにはコチラの方が良さそう。

個人的に「Nai Tong」はかなりのお気に入り。お店の方もフレンドリーで居心地が良かった。

一方で「Homemade Steak & Ramen」のメインは日本食。

種類が豊富な丼ものやカレーが気になる方は利用してみては。

筆者が今回注文した豚骨角煮ラーメンは少し残念な結果だったが、もしかしたら醤油や味噌だと違った結果になるかもしれない。

人気がある日本食はビーチロードや他の場所でも食べることが可能だが、ローカルエリアでの価格はかなり魅力的。

ビーチから少し離れた場所にはなるが興味がある方は候補に入れてみてはどうだろうか?

次回もプーケットのパトンエリアで利用したお店と料理を紹介する。

この記事を書いている人 - WRITER -
イラスト
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© ブリジロックの旅日記 , 2023 All Rights Reserved.