パタヤを中心に飛行機と東南アジアの旅行記を紹介するブログです

【四国満喫きっぷスペシャル】day 2 後半 徳島駅ー高知駅

 
特急剣山キハ185系
この記事を書いている人 - WRITER -
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

「四国満喫きっぷスペシャル」を利用して四国で鉄道の旅をしてみた。

連続3日間、JR四国の特急列車自由席が乗り放題となるスペシャルなきっぷ。

2日目は松山駅ー高松駅ー徳島駅ー阿波池田駅ー高知駅の行程。

今回は2日目後半の徳島駅から高知駅までの行程を紹介する。

 

徳島駅

 

 

徳島駅~阿波池田駅

 

徳島駅で美味しい徳島ラーメンとタリーズコーヒーでリセットした後は、

今日の最終目的地、高知駅へ向かう。

徳島駅からは15時01分発の阿波池田行き特急剣山7号に乗車する。

 

徳島駅の電光掲示板

 

特急剣山7号

 

特急剣山の車両は国鉄時代に製造されたキハ185系。

見た目から昭和のイイ雰囲気が漂っている♪

最近作られた車両との差がハッキリするフロントマスク。

 

特急剣山キハ185系

 

車両は3両編成で運行されているが、

2号車だけは雰囲気が別物、、、

「ゆうゆうアンパンマンカー」なる特別車両が連結されている。

指定席のため、乗車するには別途指定席券が必要になるのだ。

子供に優しそうな雰囲気だが、財布には厳しいといったところか、、

車体を見てるだけでも楽しい雰囲気が伝わってくるのはイイと思う。

(*・∀・)b Good!

 

ゆうゆうアンパンマンカー

 

指定席の明るそうな雰囲気とは対照的に、

自由席の車内は普通、、、

フツー

 

指定席券が無ければ一般車両に乗車することになるが、

座席にそこまで古さを感じることはなかった。

 

特急剣山キハ185系の座席

 

一番「昭和」を感じたのが、

座席ごとに設置されている空調システム。

観光バスに備わっているような見た目で、

効き目云々よりイイ意味で味がある。

 

特急剣山キハ185系の空調

 

特急剣山が走る徳島線は吉野川に沿って走るため、

車窓から吉野川の表情を楽しむことができる。

(*・∀・)b Good!

 

特急剣山の車窓から見る吉野川

 

終点の阿波池田駅には16時16分に到着。

乗車時間は1時間15分。

国鉄時代の車両と吉野川の景色を楽しむにはオススメしたい区間。

 

特急剣山キハ185系

 

阿波池田駅は徳島方面の徳島線と、

高知・高松方面の土讃線が交わる3面5線のホームがある大きな駅。

ホームの規模は大きいが、周辺には大きなビルや建物があるわけでもなく、

田舎にあるターミナル駅のような存在。

駅で列車の到着を待っていると、時間の流れをゆっくり感じることができる♪

鉄道の旅っぽくて好きな瞬間。

 

阿波池田駅

 

 

阿波池田駅~高知駅

 

阿波池田駅からは16時30分発の高知行き特急南風15号に乗車する。

 

阿波池田駅

 

阿波池田駅の電光掲示板

 

特急南風15号

 

乗車した特急南風15号は2700系の黄色いアンパンマン列車だった。

 

2700系アンパンマン列車の特急南風

 

こちらの車両は全車アンパンマンのキャラクターで塗装されており、

一部の指定席はアンパンマンシートが装備されている。

自由席は座席こそ普通の仕様だが、

天井にはアンパンマンのキャラクターが描かれている。

 

2700系アンパンマン列車の車体

 

明るく派手なデザインの車両とは対照的に、

車窓から眺める景色は有名な渓谷地「大歩危小歩危」の山沿いを走り、

大自然の中を駆け抜けて高知へ向かう。

(*・∀・)b Good!

 

大歩危小歩危の渓流

 

高知駅には17時41分に到着。

乗車した時間は1時間11分。

 

高知駅に停車中の特急南風

 

2日目の後半は乗車時間が短く、

夕方には高知駅の宿泊先にチェックインする。

 

高知駅

 

高知駅前に堂々で建てられた3体の銅像。

これだけ大きな銅像が3体もあると、

高知のシンボルとしては分かりやすくてイイ。

 

高知駅前のシンボル

 

屋台餃子安兵衛

 

2日目の乗車時間が短かった理由は、

高知の文化に触れてみたかったから。

いや、食べてみたかった、、が正しい。

「屋台と餃子とビールは高知の文化です」

 

屋台餃子の安兵衛

 

訪れた先はホテルから徒歩10分くらいの場所にある

「屋台餃子の安兵衛」

高知の餃子が美味しい、、という情報をテレビ番組で見たことがあり、

この機会に食べてみようと計画していたのだ。

餃子の価格は少し高めだが、

皮が薄くパリパリとした食感と中の具材のバランスが

とにかくビールに合うのだ。

(゚Д゚) ウマー!!

 

屋台餃子安兵衛の餃子

 

餃子2人前とビールを2杯、

そして、オススメである「おでん」を追加注文。

おでんの具も食べ応えがあって美味しい♪

 

屋台餃子安兵衛のおでん

 

せっかくなので、

更にオススメのじゃこ飯を注文。

予想以上にご飯の量が多かったが、

じゃこの下に高菜が隠れていて、

美味しくないわけがない、、。

(゚Д゚) ウマー!!

 

屋台餃子安兵衛のじゃこ飯

 

餃子とビール、おでんにじゃこ飯、、満足感の高い高知文化を堪能できた。

お店には次から次にお客さんが入ってきて、

私が訪れた10分後には入店待ちの状態になっていた。

少数だけでなくグループ客も多いようで、

ワイワイ楽しみながら食事をするのが文化なのだろう。

 

安兵衛のチラシ

 

まとめ

 

・特急剣山の空調は昭和の雰囲気を楽しめる。

・徳島線の区間は吉野川に沿って列車が走るので、吉野川の景色をたくさん楽しめる。

・特急南風15号アンパンマン列車が走る大歩危小歩危の区間は、素晴らしい渓谷を車窓から楽しむことができる。

・高知駅前には3体の大きなシンボルが堂々と建っている。

・「屋台と餃子とビールは高知の文化です」、、、「安兵衛」で堪能できます。

・「安兵衛」は餃子だけでなく、「おでん」も「じゃこ飯」も美味しい♪

 

2日目の結果

乗車距離:425.6km、乗車時間:6時間3分

ブログでは伝えきれない車窓の楽しさをYoutube動画で公開しています。

【Youtube動画】:「【四国満喫きっぷスペシャル】day2」

 

次回3日目はひたすら特急列車に乗って四国を西へ東へ、、

朝から晩まで乗りっぱなしの旅を紹介する。

この記事を書いている人 - WRITER -
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ci159 Fly to Thailand and … , 2020 All Rights Reserved.