パタヤを中心に飛行機と東南アジアの旅行記を紹介するブログです

GOPRO8とタイCOEの発行

 
タイCOE申請画面
この記事を書いている人 - WRITER -
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

 

前回のブログを書いたのが5月頃だっけか、、、

ちょうど緊急事態宣言が出てレジャー施設が閉まったりして、

あまり行きたいところもなく。

更に、力仕事で毎日大量の汗をかいてダイエットをしてたので、

疲労の蓄積もあったことから休日は部屋籠りの生活ばかり。

さて、そろそろブログとYoutube動画を再開しようと重い腰、、いやお腹を持ち上げようかなと。

ちなみに、仕事をしていた3か月間で約7キロ痩せましたが、まだお腹がヘッコミませんね。。

 

Gopro8を購入

 

今更ながらGoproデビュー。

毎年9月か10月に新商品が発売されるので、かなり悩んだけど、

結果、現在の最新モデル=Gopro9ではなく型落ちのGopro8を購入。

 

 

もう少しでGopro10も発表されるんだろうけど、、

新製品はファームウェアがアップデートされるまで不安定だろうし。

Gopro9とGopro8の価格差と性能をYoutubeの比較動画で見たりして、、

結果、私にはGopro8でも十分かなと。

真夏の青空を撮影してみたけど、空の青色が濃く出るのが特徴的。

インスタ映えしそうな「GOPROカラー」と呼ばれているそうです。

 

 

ちょうど販売店と日本代理店のWキャンペーン中ということもあって、たくさんアクセサリをいただくことができた。

コンパクトケース、3-WAY(折り畳み式の自撮り棒)、バッテリー2本、SDカード32GB、ショーティ(コンパクトな自撮り棒)。

SDカード以外はGoproの純正品なので、コレを全て別で揃えると1万5千円以上はすると思う。

 

 

で、コレを用意して何を撮影するのか??

それが、今後の予定に繋がります!!

 

今後の予定

 

結論から申しますと、、、

 

タイへ行くんです。

 

数か月前から予定していたので、Gopro片手にYoutube動画の撮影に。

ただし、予定外だったのがコロナ感染拡大によるタイのロックダウン!

タイでは7月から夜間外出禁止令や店内飲食が不可、プールやビーチも利用出来ない程厳しくなっている。

ここまで厳しくなるとは正直思ってなかった。

なので、残念ながら2週間のホテル隔離を覚悟で入国するしかないのが現状。

日本も日々感染拡大しているが、タイはワクチン接種が進まないこともあり医療崩壊が始まっている状態。

多くの駐在員さんが一斉に日本へ帰国(日本でワクチン接種する理由で)しはじめたため、

減便している日本行きの航空券は高騰し、満席で予約がとれない状況なんだとか。

で、そんな中、日本からタイへ行こうとする人は少ないだろうと。

また、9月からはタイもWITHコロナ」へと方針転換するため、

店内飲食やマッサージ屋、国内線フライトの再開等、感染対策と同時に経済を動かすことになるそう。

私の場合、タイミングが良かったのか、

渡航一週間前にワクチン接種(ファイザー)2回目を済ませることができたので、

少しはリスクを減らして現地に向かうことができるのだ。

もちろん、ワクチンパスポートも早速申請してみた。

 

タイCOE申請について

 

現在、タイへ入国するには大使館に入国申請をする必要がある。

誰でも気軽に渡航が出来ない状況は昨年からずっと続いている。

 

タイCOE申請画面

 

具体的にはオンラインで1~4の条件を満たせば入国許可証が発行される。

1、6か月以上の期間が残っているパスポート

2、タイ行きのフライトチケット

3、隔離ホテルの予約確認書(タイ保険省及び、ASQALQ Thailandのマークが入ったもの)

4、コロナウイルスによる10万米ドルの医療補償額の英文保険証

5、渡航72時間前のRT-PCR検査と英文陰性証明書

【COE申請はコチラ(https://coethailand.mfa.go.th/) 

私の場合、ビザ無し渡航になるので隔離期間15日と通常の滞在期間30日を足した45日間は滞在が認められる。

更に、現地イミグレーションで申請すれば+30日間、最大75日間の滞在も可能とのこと。

渡航の3週間前にCOE申請を行い、10日程で無事入国許可証が発行された。

 

タイCOE申請画面

 

COEって「Certificate of Entry」の略なんですね。

 

まとめ

 

2020年3月にタイから帰国して以来の1年半ぶりの海外渡航。

多くの方が高いハードルのため、海外旅行へ行くのが難しい時代。

ヨーロッパやアメリカを中心にワクチン接種済の方は隔離免除されているようだけど、

日本へ帰国した際にはもれなく2週間の隔離が待っている。

※タイからの帰国は3日間ホテル強制隔離と11日間の自主隔離

いわゆるフリーランスやテレワークの方でもない限り海外旅行なんぞは無理なのが現状。

私の場合、8月末で今の仕事を終了するため、9月上旬から約2か月間はタイ現地に滞在しようと考えている。

主にパタヤを中心にバンコク、プーケットのホテル紹介とレストラン、現地情報をYoutube動画と合わせて発信していく予定。

もちろん、関西空港出国~タイ航空機内、隔離ホテルでの様子もどんどん紹介する予定です。

是非ご期待ください!

この記事を書いている人 - WRITER -
名前:bridgerock(ブリジロック)
飛行機、旅行(特にタイ)、空港、美味しいものが好きで、体験した海外での旅行記を中心に情報を発信していきます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ci159 Fly to Thailand and … , 2021 All Rights Reserved.